あなたの職場にオフィスおかんを!

長時間労働削減の成功事例!意外に難しい社員の意識を変えるには?

働き方改革の中でも長時間労働の削減は大きな課題となっています。しかし、残業を禁止するだけでは、社員の不満や業務的、精神的負担を大きくしてしまうことも多いようです。ここでは、社員が受け入れやすい施策で長時間労働の削減に成功している事例をご紹介します。

 

長時間労働の原因

国からの労働時間の短時間化の働きかけもあって、長時間労働の是正に取り組む企業は増えています。削減を成功させるには、労働時間の長さが変わることを阻害する根本要因を意識する必要があります。

根強い残業習慣と文化

残業が減らない組織の社員は、意欲的か義務的かに関係なく、残業が当たり前の習慣になっていることが多いといわれます。そのような組織では必然的に定時になっても退社しにくい文化があるようです。残業をしている社員が頑張っている人という認識が根付いていることも多く、帰れるのに帰らないという社員もいるようです。

人手不足による業務負担の増加

人手が足りない組織では、一人当たりの業務負担が高まっているようです。期限付きのさまざまな業務を担っている社員は、時間の長さに構ってはいられない状況になりがちではないでしょうか。残業してでも任されたことを果たそうとすることが長時間労働につながっていることは少なくないようです。

 

長時間労働のリスク

社員の長時間労働には、社員本人だけでなく、組織にも大きなリスクとなります。

残業代や採用コストの増大

サービス残業をさせることは法律で禁止されています。社員の残業時間が長く、回数が増えるほど、企業が支払う残業代は嵩むことになります。また、組織全体の残業時間が長いほど、社会的な評判も社員の働く環境評価も悪くなる傾向があります。採用時に優秀な人材を確保することも難しくなるでしょう。

社員の意欲と能力の減退

長時間労働になると社員は仕事と自宅の行き来だけで毎日を過ごしがちになります。残業の負担が多いほど、健康管理も疎かになり、心も身体も疲弊してしまうことのリスクは、業務の生産性が落ちるというだけに留まらないリスクを孕むようです。

 

長時間労働削減のための取り組み事例

長時間労働削減の成果を上げている施策をご紹介しましょう。

労働時間が短くなることでの社員負担をできるだけ減らす工夫が見られます。

残業チケット制

月初めに残業申請用のチケットが用意され、6枚以上を使うとペナルティというルールを設けた企業が大幅な残業削減効果を上げた事例もあります。ペナルティを避けたり、ポイントを貯めたりすること自体より、自分がどれだけ残業をしているかを意識化できることがポイント。結果、残業なしで帰れるように時間の使い方を工夫する社員を増えたのだそうです。

集中時間の導入

本来の自分の仕事や重要な仕事をする時間を確保することを目的とした取り組みです。日々の業務では周りと関わる機会やお客様からの問い合わせに対応することは多いもの。それらが発生するごとに合わせていると、自分がやるべきことに取り組む時間の確保が難しくなります。一日の中で「周りと関わらない」「電話対応もなし」の時間帯を社内一斉で設けたことで社員の進捗度が上がっています。結果的に時短につなげることができているようです。

朝型勤務の推奨

残業というと定時後の夕方から夜の時間が一般的ですが、社員に朝型への切り替えを推奨することで長時間労働の削減に成功している企業もあります。早朝の勤務に対し、時間外報酬が支払われるかどうかは企業によって異なるようですが、支払ったとしても時間外労働時間は短くなっているとか。一日の後半に行う仕事より、始まりで行う仕事のほうが、効率性も仕事の質も上がると感じている社員も増えているようです。

 

まとめ

長時間労働削減への取り組みは、経営者や管理職の意欲と実践を欠かすことができません。働き方に対する社員の意識改革も必要になってきます。自社の事業や特徴に合わせて有効な施策を取り入れていきましょう。