オフィスおかん導入企業1200社突破!自動販売機プランもスタート

【求人失敗】採用ミスマッチを防ぐためにできる7つの施策

採用した社員について、失敗したと思うことはありませんか?仕事の質やスピードに問題があったり、期待していた割に結果が出てなかったり、馬が合わなかったり・・・。もちろん採用のミスマッチは、被雇用者も不幸な結果をもたらします。採用ミスマッチを防ぐ為に実施すべき7つのルールをまとめました。

採用ミスマッチを防ぐ! 7つの施策とは?

1:担当リクエストをとことんヒアリングする

受け入れ先の担当社のニーズと人事・社長の考えがミスマッチする問題から、採用ミスマッチが発生します。担当社側がスキル・コミュニケーション能力・年齢などを意識するのに対して、責任者側は、人件費・経歴などで選びがちです。担当側のリクエストがどの様なものなのかとことんすりあわせを行いましょう。

2:求人資料には真実を書く

求人資料に美辞麗句を並べれば、応募者の量は一気に増えます。その結果、沢山きた人材の選り好みを実施できるというメリットが存在します。しかし、働いてみれば記載している内容が真実ではないということは被雇用者にはすぐに理解されてしまいます。被雇用者の即時退職というミスマッチを減少させる為には、求人票には真実を記載する必要があります。

3:ランチ・ディナーを一緒に食べる

コンサルタントでよくある面接手法として、ディナー面接が存在します。面接というかしこまった環境では、本来の相手を見ることができません。被雇用者側は、受かる為の自分というのを演出してしまいがちです。一緒にご飯を食べて普段考えていることや趣味などざっくばらんに話す機会をもうけ、採用者を多角的にチェックしましょう。(※:面接というスタンスの為、食事代は企業持ちを推奨します。)

4:職場体験や職場見学を行う

学生であれば、インターンシップなどを実施すできます。しかし、転職者であれば被雇用者と実際に接する時間は短く、面接のみで会社を決めてしまいます。そうした、結果書面や面接者との職場のギャップが生まれ、被雇用者側も実力を発揮できないことがあります。実際の業務は現場で体験しなければわかりません。被雇用者に対して職場体験や職場見学を提案してみることも一つの手段です。要望度や、被雇用者が入社前に抱えるモヤモヤを解消する事が可能です。

5:推薦状の提出を依頼する

海外での転職実施の際には、推薦状は必須となっている職場が多いです。しかし、あまり日本では慣習の少ない推薦状。推薦状を貰うメリットは、被雇用者を別の視点にて評価しているという点です。面接時のコミュニケーション能力の評価や履歴書に書いてある内容も大切ですが、前職や友人からの評価というのはより被雇用者をより客観的に評価してくれています。

6:休日一緒に遊んでみる

会社によっては、つきあいを大切にし、遊びに対するスタンスを知りたいという要望もあります。部署は和気あいあいとした風土がある。にもかかわらず、被雇用者がすぐ離職する。理由は、部署の結束が強すぎ、新しく入ってきた人が萎縮してしまったというものでした。部署が実施した解決策は、実勤務前に被雇用者と一緒に遊ぶというものでした。結果、被雇用者側も社員との関係性を持ちすぐに溶け込めたとのことです。

7:会社全員で面接を行う

人事担当・経営者のみで実施しがちな面接。あえて、被雇用者を全員で面接している企業も存在します。面接をするということは、経営者だけでなく社員自身も責任の一端を担う事になります。経営者とは異なる視点で採用者を評価できる点でメリットが大きいです。(※:被雇用者からは圧迫面接と感じられ萎縮してしまう可能性もある為、最終面接での実施がオススメです。)

いかがだったでしょうか?既存の面接の仕方を踏襲するのではなく、職場や業務、会社風土にあった採用手法を開発し良い人材獲得を目指しましょう。

社員の健康を想う"食"の福利厚生

健康的で安心・安全な美味しいお惣菜をオフィスに常備できる 社食宅配型のサービスオフィスおかんを導入してみませんか?

全国対応
初期費用0円
自動販売機プランがスタート

資料ダウンロードはこちら