あなたの職場にオフィスおかんを!

オフィス移転のコスト削減をするなら、居抜き物件がおすすめ!

個人でも引越しがあるように、企業においても、引越しが発生することがあります。社員が増えたことで、今のオフィスが手狭になってみたり、組織再編によって、分散していた支店や営業所の統廃合での移転もあります。

しかし、オフィス移転ともなると、総務部門の社員は、とても忙しくなってきます。つつがなくスムーズに移転を完了させるためには、前以て、用意周到な準備を重ねなければなりません。

しかし、移転で最大の悩みはコストです。

スムーズな移転をするためには、綿密な打ち合わせが必要なのですが、その反面、業者との時間的な工数もかかってしまい、不必要なコスト増となるので、できるだけ経費節約できる方法を探さなければなりません。

コスト削減を最優先に考えるなら、居抜き物件を選ぶというのも選択肢に入れてはいかがでしょうか。

居抜き物件って、どんな物?

居抜き物件とは、簡単に言えば、前の入居者がテナントを退去する時に、借りる前の現状回復をしないまま次の入居企業を探している物件のことです。

賃貸ビルに退去する時は、原則、入居前の状態にしておく必要がありますが、居抜き物件ではこのような現状回復をしないため、退去側も原状回復する必要がありません。

居抜き物件にオフィス移転をするメリット

オフィスを移転させる時、コストを削減しようと思うなら、居抜きオフィスに入居した方が、かなり移転費を抑えることができます。

では、どんなメリットがあるのでしょうか?

オフィスには、前の入居者の設備がそのまま使える

新しいオフィスに移ろうと思うと、事務機器やデスク、ロッカー、キャビネット等の什器を新たに購入する必要があります。場合によりますが、前の入居者の残していった什器などがそのまま利用できるケースもあるため、新しく買い増す必要がないことがあります。

工事費用の不要

そして、オフィス内の電源工事を初め、ネットワーク工事、電話工事、パーテーションによる仕切りや空調設備の設置と、内装的な工事の費用がかかってきます。

しかし、居抜きオフィスは、前の入居者が減少回復をしているわけではないために、什器類も残っていますし、内装もそのまま利用することができるのです。

個人の引越しに例えれば、家具や家電製品が最初から付いているマンスリーマンションに入居するようなイメージです。

しかも、新規のオフィスに入居する場合、荷物の搬入、機器設置工事等のスケジュール調整から実際の移転作業に関して、移転業者との打ち合わせが、煩雑で膨大になってきます。それらの工数コストも大幅に削減されるので、やはりおすすめなのです。

また、原状回復をした状態では会議室などの個室がすべて撤去されていることもあります。そんな時は新しい入居者がまた一から個室を業者に発注する必要が出てきてしまうのですが、居抜き物件の場合にはこういった個室もそのままのことが多いため、個室の設計、造作の費用が浮くことが多くあります。

従って、そのまま設備を利用できる居抜きオフィスであれば、移転費用をかなり節約できることになります。

居抜きオフィスのデメリットもある

コストを大幅には抑えることは、とても魅力的なので、移転を予定している企業にとっては、かなり負担軽減になることは、間違いありません。

しかし、良いことづくめではなく、デメリットもあることを認識しておく必要もあります。

自分の希望通りの状態でないケースもある

現状回復をしないままのオフィスに引越して来るので、レイアウトが自社の組織に合わないケースも出できます。

また、残された什器類も同様です。

キャビネットが不足していたり、事務機器類もかなり老朽化しているために、あらためて新規購入をしなければなりません。

しかも、古い設備を廃棄する費用も発生してくることから、余計な出費になるリスクもあるのです。

理想的な居抜きオフィスを見つけるためには

このように必ずしも、自社に見合ったオフィスに当たるとは限りません。しかし、不動産会社の中には、居抜きオフィスを専門に扱っている会社があります。インターネットでも、どのような会社が手がけているかを検索できます。

また、具体的なレイアウトや什器類、内装状態もリスト化されており、情報を収集することで、自社の配置に合致するか、比較検討することも可能です。

しかし、予めこちらの考えるオフィス環境や社員数等の条件条件を、不動産会社に伝えておくことで、より希望に近い居抜き物件を探し当てることが可能になってきます。

以下に、居抜きオフィスの活用について相談できるオフィス移転業者をご紹介します。

ヒトカラメディア
http://hitokara.co.jp/inuki/

バリューオフィス
https://value-office.com/

スイッチオフィス
http://switchoffice.jp/

SOHO東京
http://www.soho-tokyo.com/

居抜きオフィスなび
https://www.office-navi.jp/inuki/

そのまんまオフィス
https://www.so-office.jp/

まとめ

このように居抜きオフィスは、コスト面でのメリットが大きいので、専門不動産会社を上手に利用することで、理想的なオフィス移転が実現できるのです。

総務・労務・管理部 担当者必見!!

3万円から始められるぷち社食サービスで従業員満足度を向上させよう

  • 健康経営に力を入れたい
  • 生産性向上に取り組みたい
  • オフィスの食環境を整えたい
  • サービス詳細はこちら