オフィスおかん導入企業1200社突破!自動販売機プランもスタート

採用計画で優秀人材を逃さない!そのポイントとは?

採用活動は、優秀な人材を探し出す「意欲」だけでは、理想的な成果を上げることが難しい時代になっています。採用計画をすることで採用プロセスでのさまざまな課題を解決できます。

ここでは、採用計画の必要性とその要素、そして採用計画によって得られる好循環をお伝えします。

 

採用計画の必要性

採用計画の必要性を理解して、有効な計画を立てていきましょう。

経営や事業に関わる要素

企業が「人」で構成される以上、採用は経営状況と業績に深く結びついていることを認識する必要があります。どんな人材を迎え入れるかだけでなく、いつ、どのようにして採用プロセスを組むのかを経営や事業計画から落とし込むことが重要です。

無計画での損失の大きさ

採用計画をまったく持たないという企業は少ないかもしれません。しかし、その計画に沿った採用活動を行う企業の割合は低く、計画通りの採用成果が出せている企業となるとはさらに少なくなります。

 

不十分な採用計画では、社内だけでなく、外部環境の変化にも振り回されてしまい、効率、効果ともに低下させることになります。採用コスト、社会的評判、生産性の低下などさまざまな損失が予測されます。

 

有効な採用計画に欠かせないもの

成果につながる採用計画を策定し、有効な採用プロセスを回していくための要素をご紹介します。

経営戦略をもとにした長期的視点

採用活動を単に人材を採用するだけの単発的なタスクと考えるのではなく、経営戦略に即した長期視点を持つことが大切です。経営側と人事が密に意見を交わし摺り合わせることが大切です。

一件一件の求人案件ではなく、年間、3年、5年、10年先を見据えた計画を立てましょう。

求人市場の把握

採用活動には、競合の動向、求職者の動きの特質、社会情勢や景気、人々のニーズの変化、働き方の多様化などが大きく影響してくるものです。移り変わるこれらの事柄は、採用計画の重要なキーポイントとなります。

アンテナを張り、施策や対策、解決策を練り出す際に常に現状に有効か、無効かを判断していく必要があります。

明確な目標設定

採用計画には、明確な目標設定が不可欠です。○人採用するという単純なものではありません。採用人数に対する企業全体の業績の状況を把握し、短中長期でどのくらいの利益につながる採用ができたかを認識します。

各部門や部署との人事的な意見交換によって採用成果を数値で測れる仕組みを作り検証しながらの目標設定を行うことも必要でしょう。

 

採用計画を立てることで得られる好循環

採用計画を立てることは、採用プロセスの準備というだけでなく、その後にも好循環をもたらします。

採用成果の数値化による分析

目標設定で採用プロセス、採用コスト、採用成果などを細かく数値化してストックしていくことは自社の貴重な採用データとして活用できるようになります。データは自社の特徴を反映するものなので、人事の現状把握も未来予測のシミュレーションも可能になります。

環境の変化にもデータで順応

例えば、突発的な事態に陥った場合も、一定の採用計画があれば、それを基に採用活動を進めることができます。企業内部的な変化だけでなく、外部環境の変化にも対応可能です。現状に合わせた細かな変更は必要だったとしても修正は比較的容易に対応できるはずです。

改善点を明確に把握

採用計画を立てても計画通りにいかないこともあります。近い将来でも見通すことの難しい昨今では、計画どおりにならないことのほうが多いかもしれません。

しかし、計画という基盤があることやデータの蓄積ができることは、採用プロセスにおける問題点が見出しやすくなります。無計画に採用に着手したり、計画を無視して進めるときとは大きな差が生まれるのです。

 

いかがでしたか?採用活動は、人事担当だけでなく、経営管理者と各部門や部署が一体となって進める必要があります。採用計画があることで、それぞれへの共有事項も明確にすることができるでしょう。ぜひ、有効な採用計画を立てて良い人材を確保してください。

社員の健康を想う"食"の福利厚生

健康的で安心・安全な美味しいお惣菜をオフィスに常備できる 社食宅配型のサービスオフィスおかんを導入してみませんか?

全国対応
初期費用0円
自動販売機プランがスタート

資料ダウンロードはこちら