あなたの職場にオフィスおかんを!

従業員エンゲージメントを向上させるために人事ができることとは?

従業員が自身の企業へ抱く愛着や思い入れを表すエンゲージメント。エンゲージメントの向上は、生産性の向上や離職率の低下を図る上で、大事なポイントであると言われています。

まじめで勤勉な特質を持つといわれる日本人のエンゲージメントは、世界的に見て高いと思われてきました。しかし最近になって、日本のエンゲージメントが世界の水準を大きく下回っていることが発表され、多くの日本企業がエンゲージメントの低さを懸念しています。

このページでは、「そもそもエンゲージメントとは何か?」はもちろん、エンゲージメントを向上させることで得られるメリットについても見ていきます。さらに、エンゲージメント向上のために企業や人事はどんなことに着目すべきかについても紹介して行くので、一緒に見ていきましょう。

エンゲージメントとは?

それではまず、「そもそもエンゲージメントとは何か?」について見ていきましょう。

エンゲージメントとは「目標達成に向けての自発的な貢献意欲」のこと

エンゲージメントはよく、ロイヤリティ(忠誠)と同一の意味で用いられがちですが、実は意味合いが異なります。

ロイヤリティとは、一言で言うと従業員が会社に抱く忠誠心のこと。権力を持った上の立場として企業が存在し、それに対して従業員が企業のために忠誠心を持って尽くしているという状態が「従業員のロイヤリティが高い状態」となります。

一方、エンゲージメントは社員だけに求められる一方通行のものではなく、企業と従業員の双方向的なものになります。

エンゲージメントとは「目標達成に向けての自発的な貢献意欲」のことを言います。わかりやすく言うと、企業の目標と従業員のやりたいことの方向性が同じで、そこに向けて従業員が自発的に貢献しようとしている状態が「従業員のエンゲージメントが高い状態」となります。

エンゲージメントは企業と社員の相互関係

エンゲージメントは、企業と社員の関係性の中で生まれるものです。必ずしも企業か社員かの片方だけで保てるものではなく、エンゲージメントを高めることを社員の個性や価値観に委ねることはできません。そのため、従業員のエンゲージメントを高めるためには、特に人事の観点から、企業と従業員双方の相互関係を良くする環境を創っていく必要があります。

エンゲージメント向上で企業の生産性が上がる

ここまでエンゲージメントの意味について見てきましたが、実際に従業員のエンゲージメントが上がることで、企業にどのようなメリットがあるのでしょうか?

エンゲージメントの高い従業員の特徴

それではまず、エンゲージメントの高い従業員の特徴について見ていきましょう。

エンゲージメントの高い社員の特徴としてまず、仕事に対してやらされ感を持たずに、積極的に仕事に取り組む姿勢があることがあげられます。

また、もう一つの特徴として、自分のワークライフバランスを保てていることが挙げられます。これは企業のビジョンと個人のビジョンが同じ方向を向いているため無理せず十分な働きをすることができるからです。

このようなエンゲージメントの高い従業員は、個々の成長によって企業の成長につなげているというサイクルルを産むことができ、企業と個人両方の生産性を上げることに貢献してくれます。

次からは、エンゲージメントを向上させ、このようなエンゲージメントの高い従業員が増えることで企業にどのようなメリットがあるのかをみていきましょう。

1.離職が減り、定着率が上がる

従業員のエンゲージメントが向上すると、従業員の離職が減り定着率が向上します。アメリカでコンサルティング事業を行うCEB(Corporate Executive Board)社の調査によると、「エンゲージメント高い従業員」の離職率は1.2%なのに対して、「エンゲージメントの低い従業員」の離職率は9.2%と高いです。エンゲージメントが高まることで定着率に87%の差があると見積もられ、優秀な人材を留まらせるためにもエンゲージメントを高める施策は重要です。

エンゲージメントの高さと離職率のグラフ

ソース:Driving Performance and Retention Through Employee Engagement p.14

<出典>Driving Performance and Retention Through Employee Engagement

2.社員の視野が広くなる

従業員のロイヤリティが向上すると、積極的に企業や仕事に関わり、自律的に業務に取り組む事ができ、従業員の視野が広くなります。従業員の視野が広がることで、従業員個々のクリエイティブな発想が得られ、企業でイノベーションを起こしたり、変化に対応していくための組織力を高めることができるようになります。

3.組織の生産性が上がる

従業員のロイヤリティの向上によって最も期待できるメリットが、組織の生産性のアップです。

従業員のエンゲージメントを向上させることで、従業員個人個人のモチベーションや労働意欲も高めることができ、このことが結果的に生産性の向上につながります。

さらに組織力が高まることで、企業というチーム全体で働きやすい環境が整い、さらに生産性が向上します。

人事が考えるべきエンゲージメント向上のためのポイント

生産性に多大な影響を与えるエンゲージメント。従業員のエンゲージメントを向上させるために、働く人を司る人事の方は、どのような対策を取っていけばいいのでしょうか。

最後に、人事が考えるべき従業員のエンゲージメント向上のためのポイントについて見ていきましょう。

1.企業と社員のビジョン共有の機会

企業と従業員が相互にエンゲージメントを構築していくために、お互いの理解を欠かすことはできません。

そのために、企業と従業員が本音で理解し合う機会を組織の仕組みの中に取り入れていく必要があります。人事の方は、各部署やチームのマネージャーが企業と従業員の橋渡しや企業のミッション浸透の役割を果たすことができるよう、マネジメントする必要があります。

また、本音で話し合うためにも日頃の社内コミュニケーションを活性化するための施策も重要になります。ナナメ面談やシャッフルランチなど、手軽にできるものから導入するのがおすすめです。

もう悩まない!社内コミュニケーション活性化の秘訣を紹介

2.従業員のストレスの緩和

エンゲージメントの向上のためには、従業員がポジティブな心理で企業や仕事に関わっていける環境づくりが欠かせません。

どんなことが従業員の心身のストレスになるのか、または、なっているのかを知り、取り除いていく努力が大切です。また、オフィス環境などの物質的な部分から、適材適所の配置によって、強みを活かし意欲的に業務に取り組ませるための仕組みについても考えることも必要となります。

現在は社内BGMやグリーンレンタル、ドリンクから食事まで幅広いオフィス向けサービスがあります。エンプロイーエクスペリメントを意識したサービスを導入することで、従業員にとって「本当に快適なオフィス環境」が実現します。

快適な職場づくりにはコレが必要! 最新オフィス向けサービス特集

施策の継続がエンゲージメント向上のカギ

一部の企業では、採用時点でエンゲージメントの高い社員を確保しようとする流れがあります。しかし、エンゲージメントの高さは、採用時点で決まるものでなく、働く中で常に変化し続けるものです。

入社時のインナーマネジメントはもちろんのこと入社後の従業員のケアも従業員のエンゲージメントを向上させるために重要な鍵となります。
人事や経営幹部の方が、戦略的に施策を継続して続けることで、従業員のエンゲージメント向上し、企業内の生産性を高めることができるようになるでしょう。

人事担当者必見!!

3万円から始められるぷち社食サービスを人事戦略に

  • 従業員エンゲージメントを高めたい
  • 優秀な人材を集め、採用をスムーズに進めたい
  • 組織開発を加速させたい
  • サービス詳細はこちら