あなたの職場にオフィスおかんを!

株式会社ギャプライズはエンターテインメント溢れる福利厚生がいっぱい

「いつも心にエンターテインメントを」を経営理念におく株式会社ギャプライズ。社名のギャプライズとは、「ギャップ+サプライズ+ライズ」を合わせた造語であり、新しいギャップで人々を驚かせ、それが成長に繋がっていく、そんな思い出生まれた社名です。

そんなギャプライズでは、どんな仕事をするのかよりも、「誰とどんな仕事をするのか」を重要視しており、またその環境づくりとして様々なエンターテインメント溢れる福利厚生を導入しています。

今回は、そんなギャプライズに福利厚生をご紹介します。

 

普段の生活からエンターテインメントを!「着ぐるみ福利厚生」

自分の気分を盛り上げるため、お疲れのお隣をクスッと笑わせて元気にさせてあげるため、利用の理由は様々ですが、ギャプライズでは「着ぐるみ福利厚生」という名で、ギャプライズが用意した着ぐるみを業務中に着用することが認めれていました。この着ぐるみは、プライベートなパーティーや結婚式の二次会などでも、しっかりと申請すれば持ち出し可能という、人を喜ばせることを推奨しているギャプライズならではの福利厚生だと言えるでしょう。現在は、着ぐるみ自体は会社の備品として社内に設置されていますが、着ぐるみ福利厚生自体は廃止されています。理由としては、決して評判が悪かったわけではなく、着ぐるみの利用頻度が減ったため、あっても使う人がいないので辞めようとなり、廃止に至ったそうです。

確かに、着ぐるみを身にまとったまま仕事はしづらいですね。

 

流行っているものをとことん研究「週刊お取寄せ」

Webマーケティングを実践する上で「何が売れているのか、どうして売れているのか」を考えることはとても大切です。という名目でギャプライズが週初めの楽しみとして導入している福利厚生が「週刊お取寄せ」です。当然、製品の研究はもちろんですが、美味しい物を食べて週のスタートを楽しい気分で開始できるように作られた仕組みとなっています。

 

人を喜ばせたい!そんな人におすすめの「サプライズ休暇」

サプライズの準備を平日に行いたいならば、車内で「誰をどんな風に喜ばせたいか」をプレゼンすることで、通常の有給休暇とは別に「サプライズ休暇」を取得することができるという制度が、サプライズ大好きのギャプライズにはありました。これにより、週末に行われる結婚式などのイベントの準備のために平日に休みを取れるという大義名分が生まれ、休みやすい環境が生まれました。

結果として、現在では自由に有給休暇を取得できる環境が整ったので、わざわざプレゼンし手間でサプライズ休暇を取得するスタッフが減ったので、現在はサプライズ休暇の福利厚生は廃止されています。

 

尊敬に値する人、成長著しい人はみんなで讃える「チョモランマ制度」

社員の中で尊敬に値する人、様々な面で成長著しいスタッフのことを、「チョモランマ」と呼ぶ習慣がギャプライズにはあります。週の最初の朝礼で、スタッフ全員がそれぞれのチョモランマを発表し、褒め合うことで、高いやる気とモチベーションを生み出すようにしています。

また、毎月行われる納会で、月間のチョモランマ対象が選出され、金一封などが贈呈されるので、それぞれがチョモランマを目指して高め合っています。

 

朝の運試し!「チキチキおみくじ」

毎朝、出社と同時におみくじを振って、アタリが出たらヤクルトやアイスがもらえるという、少しだけテンションがアップする制度となっています。朝の情報番組よりもアテになる運試しとして、アタリが出たらその日1日少しだけ幸せな気分で仕事ができる福利厚生です。

 

まとめ

ギャプライズが導入しているエンターテインメント性溢れる福利厚生をご紹介しました。人を喜ばせるサプライズを推奨するギャプライズだからこそ、ユーモアたっぷりのネーミングや福利厚生なのではないでしょうか。一定の期間導入し、役割を終えたと判断した福利厚生は、どんどん廃止するというのスピード感も、Webマーケティングの事業を行うギャプライズならではといったところです。

今後も色々ユニークな福利厚生が出てきそうなギャプライズに注目です。