導入企業1000拠点突破!導入事例から見るオフィスおかん

福利厚生でも世界一狙うのか?GMOインターネットの手厚い福利厚生

GMOインターネットの福利厚生は世界一の人財を集めるための施策

GMOインターネットはインターネットのインフラ・広告・金融などで日本トップレベルの企業です。金融部門のGMOクリック証券はFX取引高5年連続で世界第1位です。

ポリシー明確、GMOインターネットの福利厚生

GMOインターネットの福利厚生に対する考えははっきりしています。

「世界一のサービスを提供するためには、世界一の“人財”が不可欠」

世界一の人財を集めるために不可欠なのが充実した福利厚生という徹底した考えがあります。

社員参加で実践的なGMOインターネットの福利厚生

GMOインターネットの福利厚生の特徴は社員がプロジェクトに参加してみずからのアイデアを実現していくことです。

福利厚生の検討の際には、コミュニケーションスペース・シナジーカフェ設置の際にはグループ全体からプロジェクトメンバーを公募するそうです。メンバーは200近くものアイデアを考案して、その90%以上を実現しました。

だから月並みなものではなく、職場環境や社員の生活・スキルアップに直結する実践的な福利厚生になっています。

福利厚生の域を超えた?世界一の人財が集まるGMOのシナジーカフェ

GMOインターネットの熊谷正寿社長は宣言しています。

「私にできることは、世界一の人財が集まる“場”をつくることです」

それを形にしたのが「シナジーカフェGMO Yours」。

もはや福利厚生の域を超えたといっていいくらいサービス満点です。

24時間オープン、ドリンク・ビュッフェ・軽食すべて無料

モーニングタイム、昼のビュッフェタイム、夕方はカフェタイムと、24時間オープンのシナジーカフェです。そのうえ、ドリンク・ビュッフェ・軽食、パンもお菓子も全て無料。

なんと無料なんです!

社員の健康にも気をつかって、栄養士も常駐。全てのメニューは栄養士が監修しているそうです。また栄養に偏りが出ないようにと主菜3品、副菜2品、サラダが用意され、食物はすべてカロリー・原産地表示されています。1食を600kcalに抑えられる「アンチエイジングメニュー」なども提供されています。

そして金曜の夜はバー&クラブタイムまで開催。ほとんど高級ホテル並、福利厚生の域を完全に超えていますね。

さすがGMOインターネット、カフェにはMacBook Airまで!

シナジーカフェにはMac、iPad2、MacBook Airなどが取り揃えられていて社員が無料で利用できます。

ほかにもクリエイティブ系雑誌もそろっています。

社員が最新機器に直接ふれて、情報力や感性を磨いてもらうための配慮です。

自分にあったスタイルで利用できるシナジーカフェ

シナジーカフェにはカウンター・丸テーブル・ソファ席がそろっているから、いろいろなスタイルで利用できます。もちろんWi-Fi完備。

ベビーチェアまであるから、赤ちゃんを連れて行っても利用できます。これはお子さんのいる社員さん向けの配慮なのでしょうか。

GMOの「すごい健康支援プログラム」が本当にすごい

会社が推奨、食後の昼寝(シエステ)

午後もスッキリ仕事に取り組んでもらうために、会社が20分程度の昼寝を推奨しています。ベッド数は30でアイマスクや耳栓まで完備。室内にはリラクゼーション効果のある音楽やアロマがながれています。

月3回以上産業医と面接可能

身体の健康はもちろん、メンタルヘルスも現代のビジネスパーソンには重要な課題ですよね。そのためには医師に定期的に相談することが効果的。

GMOインターネットでは月3回以上も産業医と面接できる機会があるんです。

そのほかにも、インフルエンザの予防接種が無料で年1回受けられます。

福利厚生の新トレンドとなるか?世界一をめざす託児所

GMOインターネットの「キッズルーム GMO Bears」は世界一をめざす託児所です。タオルやおむつはすべて完備しているから、少ない荷物で子供を連れてこられるのがうれしいですね。

ランチタイムにはシナジーカフェで子どもと一緒に食事もできます。音楽会やクリスマス会などの行事も多彩で企業内託児所とは思えない充実ぶりです。

近くの小児科医と提携しているので子供の体調の変化にも対応できます。

まとめ

いかがでしたか?

GMOインターネットに思わず転職したくなってしまうかもしれませんね笑

福利厚生を充実させることで本気で世界一の人財を集め、世界一の会社にしようと考えていることが伝わったかと思います。