オフィスおかん導入企業1200社突破!自動販売機プランもスタート

需要が高まるグローバル人材!国産企業での育成も急務

近年、グローバル化の世界的な流れに沿って日本国内のグローバル化が加速しています。しかし国内で、グローバル化についていく体制が整っている企業は少ないのではないでしょうか。そこで急務になってくるのが、グローバル人材の育成。ではグローバル人材とはどのような人材のことを指すのでしょうか。

グローバル=海外という誤解

グローバル人材は、海外展開や取引をする際に必要な人材と捉えられることもよくあるようです。国内でしか取引しない企業には不要と考えて、グローバル人材を求めないことは、とても危険です。

日本もグローバルの一部

グローバルという言葉は、日本から外に向けた視点ではなく、日本も含めた意味を持っています。日本のグローバル化が進むということは、日本全体が世界とつながっているということ。市場も自社のターゲット層も世界の影響を受けているのです。日本だけで事業を行っていたとしても、これからの時代、グローバルな視点は大切になってくるのです。

英語力だけでは戦えない

もうひとつの誤解として、グローバル人材は、英語が堪能であれば良いという認識があります。たしかに、海外展開や取引では英語が必要です。しかし、英語ができるからといってグローバル人材とはいえません。英語は、あくまでも仕事上のコミュニケーションを助けるツールです。言葉を交わすだけでは、仕事が進められないのは日本語でも同じではないでしょうか。グローバル人材には、もっと広義の能力が求められるのです。

グローバル人材の要件

では、グローバル人材には、どのような資質や能力が必要になるのでしょうか。

違いを尊重する寛容力

グローバルな視点でものごとを見ると、多様な価値観の「違い」に出会います。実はこの視点は、日本人には欠けているといわれています。日本人は、外国人と接する際に、本来は当たり前なはずの「違い」を、ギャップとして問題視する傾向があります。グローバル人材には、その「違い」を受け入れ、組織の中でうまく中和させていく力が必要なのです。

順応する柔軟性

海外の赴任先や取引先、外国人が顧客になる可能性のある事業では、価値観の違いを十分に理解することが必要です。理解するためには、環境や人そのものに好奇心を持って溶け込み、コミュニケーションを取っていくことで学ぶことは多いでしょう。環境に適応する柔軟性がとても重要です。

価値を生み出す力

歴史、生活習慣、食文化、価値観や思考パターンの違いに触れてはじめて、浮かんでくるアイデアもあります。大切なことは1つの価値観に固執することなく、客観的な視点で考えることです。日本で通用したことがまったく通用しないというのはよくあることですし、逆に、日本では受け入れられなかったことが、海外では高評価ということもあります。グローバルな視点で考える時は、日本基準の一般論や分析データだけでは、見えてこないものが多いのです。

グローバル人材育成の課題

必要性の高まるグローバル人材を育てるために必要なことはたくさんありますが、最重要事項が語学力でないことは確かです。それよりも日本人は、違いに対する意識改革から始める必要があるでしょう。そのために、外国人の採用などは効果的かもしれません。

異文化理解力の醸成

多様な価値観を受け入れることは、価値観の違いによるコミュニケーション上の衝突が減るため、自分のストレスを軽減することにつながります。また、相手を受け入れることで相互理解が高まり、業務がやりすくなるでしょう。

まとめ

外資系企業や海外展開を行う企業では特に、グローバル人材の確保が急務となっています。島国の日本では、優秀なグローバル人材は見つけにくい現状がありますが、組織をあげて現代の若者たちを教育し、多様な経験をさせ、グローバルリーダーを育てていくことが必要です。

社員の健康を想う"食"の福利厚生

健康的で安心・安全な美味しいお惣菜をオフィスに常備できる 社食宅配型のサービスオフィスおかんを導入してみませんか?

全国対応
初期費用0円
自動販売機プランがスタート

資料ダウンロードはこちら