あなたの職場にオフィスおかんを!

フリーランスにも福利厚生を!ギークス株式会社が提供する「フリノベ」とは?

IT人材事業などを展開するギークス株式会社。自社の福利厚生はもちろんですが、ギークスでは自社に登録しているITフリーランサーのための福利厚生制度のサービスをリリースしました。働き方改革を政府が提案し、今後増えていくことが予想されるフリーランス。その人たちに会社員と近い形で働ける環境を提供することを目的としたギークス株式会社が始めたフリノベをご紹介します。

 

ギークス株式会社が提供する「フリノベ」とはどんなサービス?

ギークス株式会社には、約9,,000名のITフリーランスが登録しています。インターネットが普及した昨今では、エンジニア、デザイナーなどの業種で、どんどんフリーランスとしての働き方が根付いており、今後はフリーランスとしての働き方がメインとなっていく傾向にあります。

フリーランスとして働くと、自分で営業して自分で作業して自分でお金を集金して…と、自由が増える分責任も大きくなります。そして、ITフリーランス特有の現象として、一人で自宅や作業場にこもって仕事を行うので、人と接する機会が少なくなってしまうという現象もおきます。

このように、 ITフリーランスの市場がどんどん増えていく一方で、ITフリーランスとしての働き方の制度や働き方を支援する制度が整っていないという問題あり、ギークス株式会社が中心となって6社と業務提携しを立ち上げたサービスがフリノベというサービスになります。

 

フリノベが提供する5つの福利厚生プログラムをご紹介

フリノベでは、ITフリーランサーが働きやすい環境を整えることを目的としており、5つのカテゴリーに分けて福利厚生プログラムとして設定されています。フリーランスの福利厚生なので、一般的な企業の福利厚生のような社会保険や住宅手当などの手厚さではなく、あくまでも仕事をしやすい環境づくりに特化した、一風変わった福利厚生プログラムとなっています。

 

1.仕事・キャリア

ITフリーランスの人で多いのが、営業が苦手という人です。そのような人のために、福利厚生として開発案件の紹介や事務手続きの代行などの福利厚生となります。定期的なキャリアカウンセリングや勉強会などへも優先的に参加させてくれるなど、企業が社員のスキルアップのために導入するような福利厚生を、フリーランスでありながら受けることが可能となります。

また、自身の得意分野だけではなく、コピーライティングやプログラミング講師など、本業以外のことにチャレンジする機会も設けており、フリーランスでありながら様々な案件に挑戦できる環境を整えてくれる福利厚生です。

 

2.ネットワーキング

ITフリーランスになると、どうしても部屋にこもって作業をしてしまいます。結果的に、クライアント以外誰とも話をしていないとか、同業と出会う機会がないので新しい情報を得る場所がインターネットだけになってしまったりと、フリーランス特有の孤独感を味わうことになります。

そのような環境を回避するために、フリノベではオンラインとオフラインで交流の場を設けることで、同じ境遇の人同時でコミュニケーションや出会いの場を提供してくれます。

 

3.ヘルスケア

フリーランスになると、忙しさにかまけて疎かになってしまいがちなのが健康面の問題です。会社員ならば、健康診断が年に1回義務付けられていたり、インフルエンザの予防接種を会社の福利厚生で受けたりすることができますが、フリーランスだと健康管理も自分で行わないといけません。

また、ITフリーランスの場合は基本的にデスクワークになるので、運動不足になってしまいがち。そのため、健康診断受診、ジムやマッサージの利用などのヘルスケアサービスを安価で受けられる福利厚生を提供してくれます。

 

4.エンターテインメント

フリーランスには定時という概念が存在しません。24時間365日「仕事モード」になっていまい、疲れてしまう人は多くいます。そんな人に息抜きの場を提供するための福利厚生として、24,000店浦の飲食店やレジャー施設を優待で利用することが可能となります。映画や演劇鑑賞なども優待されるので、クリエイティブに触れる機会を設けることもできます。

 

5.ライフイベント

フリーランスでも、結婚や出産などの人生における大切なイベントを迎えることがあります。会社員の場合は同僚からお祝いしてもらったり、お祝い金をもらったり、保険が適用されたりしますが、フリーランスだとそういうわけには行きません。そこで、フリノベではこのようなライフイベントの際に、関連サービスを優待価格で受けることのできる福利厚生を提供してくれます。

 

まとめ

フリーランスにための福利厚生「フリノベ」をご紹介しました。フリーランスだからと言って、福利厚生を諦めてはいませんか?「自分が頑張って稼いで福利厚生を充実させるぞ!」という気持ちももちろんフリーランスには大切ですが、ビジネスが軌道に乗るまではフリノベを利用して福利厚生を受けてみてはいかがでしょうか。