あなたの職場にオフィスおかんを!

ファシリテーターが組織を救う!全社員が身に付けて損のないスキル

組織にファシリテーターがいると会議も職場のコミュニケーションもスムーズに進みやすくなります。ファシリテーターというポジションを設けなくても、社員がファシリテーションスキルを身に付けることは組織にとって有効です。今回は、そのファシリテーターの必要性についてご紹介します。

ファシリテーターとは?

複数の人が関わることをスムーズに進める役割を持つ人がファシリテーターです。実際にファシリテーターと名付けられて役割を務めることもあります。会議でいえば進行役といえるでしょう。

ファシリテーターは何をするの?

ファシリテーターは、実際にどんなことをして物事をスムーズにしていくのでしょうか。会議の場面を例にして、段階的にご紹介します。

良い環境の準備

ファシリテーターは、話し合いの状況に合う場所の設定も行います。事前に議題を共有して、話し合いに参加する人たちが意見や資料などを準備しやすくします。議題に対して、適切な参加者を決めるのもファシリテーターです。

意見を引き出してまとめる

意見する人に偏りが出ないように、全員からの意見を引き出していきます。どんな意見も積極的に傾聴し、質問などで掘り下げて詳しく話してもらうことを促します。出された意見を、参加者が結論に近づけていく手助けを行ないます。

タイムキーパー

ファシリテーターなしの会議では、話が脱線したり、話が停滞したりすることがよくあります。そうなると、せっかくの話し合いの中で、無駄な時間が過ぎてしまいますし、参加者の集中力が削がれてしまいます。ファシリテーターは、適切に軌道修正をして会議を進行します。意見を出してもらう、まとめる、結論を出すという時間配分を意識して進行を助けます。

納得のできる結論に導く

参加者からいろいろな意見がでて、結論を出そうとするとき、参加者の対立や葛藤が生まれやすいものです。意見者から理由や根拠をしっかりと聞き出し、譲歩や妥協に納得してもらうことを目指します。すべての参加者が納得感を得るベストな答えに導いていきます。

ファシリテーターを組織で育てる有効性

ファシリテーターは上記のようにして「ファシリテーション」を進めます。このスキルを理解し、身に付けている人がいる組織は、いつも建設的な話し合いができるようになるでしょう。

会議だけでなくあらゆる場面で役立つ

話し合いというのは、会議のような特別の場だけで行われるものではありません。日常業務の中で、頻繁に周りの意見が必要になったり、意見交換が行われたりすることもあるでしょう。そんなときにファシリテーションの存在を知っていて、そのスキルを活用できる人がいれば、話し合う本人たちが最適解を見出すことを助けます。対立や摩擦を防げるのがメリットです。

社員のリーダーシップ育成になる

ファシリテーターは、意見者ではありませんが、スムーズな話し合いをリードします。その視点でファシリテーションを行なうことはリーダーシップ力を高めることにもつながります。支援するタイプのリーダー的視点が養われるでしょう。

ファシリテーションが受け入れられる

ファシリテーションスキルのニーズは高まっているのですが、改めてファシリテーターを置くだけでは機能しにくい面があるようです。ファシリテーションを知らない参加者にとって、ファシリテーターの立ち位置がとても不自然に感じられるものだからです。全員がファシリテーションを知っていることで、その必要性と有効度が浸透しやすくなるでしょう。

まとめ

ファシリテーターには、高度で多様なスキルが要求されます。たとえすべてをうまくこなす自信がなかったとしても、少しずつレベルアップしていくことは可能だと思います。日常的に意識して活用できる環境があるといいですね!