オフィスおかん導入企業1200社突破!自動販売機プランもスタート

急成長企業の福利厚生の主眼は「安心」!サイバーエージェントの福利厚生

サイバーエージェントの福利厚生

サイバーエージェントは1998年設立され、わずか2年後の2000年には東証マザーズに上場しています。

主要な事業はインターネット広告、国内最大の企業。芸能人が多く利用することで著名なアメーバブログやアバターサービスのアメーバピグなどでも人気の企業です。

サイバーエージェントの福利厚生は社員に安心を与えることを主眼にするとともに、業績連動型退職金制度など新しい面も備えているのが特徴です。

インターネット企業としての支援が豊富で技術者も安心

8つの制度をパッケージにした技術者支援策

技術者のスキルアップを図り、開発業務に集中できるようにサイバーエージェントでは8つの制度をパッケージにしています。それが技術者向け制度「ENERGY(エナジー)」。
インターネット企業で重要な役割を果たすエンジニアにとって安心の制度です。

技術者向け制度「ENERGY(エナジー)」の概要

1.エンジニアFA権
エンジニアが希望する部署へ移動できる制度。エンジニアとして仕事の幅を広げることができます。

2.エンジニアコンシェルジュ
技術者が開発業務だけに集中できるようにする制度です。事務作業、経費精算・会議の準備など開発以外の雑多の作業を代行してくれる担当者が設置されています。

3.ワーキングアブロード
選ばれたエンジニアが海外で働くことのできる制度です。カンファレンスなどに参加することによって海外の最新情報や動向をリアルに取得することができます。

4.エンジニアリングキャンプ
新規サービス立ち上げ時に宿泊施設で行う開発合宿です。オフィスから離れて開発に集中できます。

5.全社技術カンファレンス
全社的に技術・クリエイティブカンファレンスの実施されています。

6.TechCyBAR
サイバーエージェントの技術者向けの社内報です。資料や社内勉強会情報のほか、コードも掲載されているので技術者同士で情報共有できます。

7.プライベートリモート
育児・介護など社員の個人的事情に応じて在宅勤務ができる制度です。

8.サポリスト
スキルアップのためにかかる経費を補助する制度です。指定されてリストから選べます。

退職金・家賃補助も健康促進の福利厚生も安心のサイバーエージェント

業績連動型退職金制度採用で40歳でも取得可能

サイバーエージェントの退職金制度は業績連動型退職金制度を採用しています。会社の営業利益の一定率を配分する制度となっています。会社の業績と連動してしているので、社員のモチベーションアップにもつながる制度です。積立開始は30歳から。40歳から受け取ることができます。

家賃補助の2駅ルール・どこでもルール

勤務地の最寄駅から2駅圏内に住んでいる正社員に対しは月3万円の家賃補助が支給されます。
5年以上勤続していれば、どこに住んでいても月5万円。

インフルエンザ予防摂取も婦人科検診も全額会社負担

インフルエンザ予防接種・婦人科検診費用は全額を会社が負担します。若い女性でも婦人科検診が必要であることをサイバーエージェントは理解しています。
マッサージルームも完備して、月2回まで無料マッサージのサービス付きです。

メニュー選びに迷うほどの豪華ランチサポート

サイバーエージェントには社員食堂がありません。そのための豪華なランチサポートが「サポ飯」です。お弁当500円・サラダ300円・フルーツ200円で購入できます。
浅草今半・とんかつまい泉・亀戸升本など東京の名店のお弁当がオフィスにいながらにして格安で食べられます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。サイバーエージェントに転職したくなったかもしれませんね。これだけ人材のために投資をして、従業員の働きやすい環境を整えようという会社としての方針を強く感じる福利厚生のラインナップになっていると思います。

参考:https://www.cyberagent.co.jp/way/info/contents_type=1119