オフィスおかん導入企業1200社突破!自動販売機プランもスタート

【集中できないときに】仕事モードとリラックスモードを切り替える方法

なんだかどうしても眠い、頭が冴えない、仕事が手につかない……。そんなことはありませんか? ひょっとしたら、気持ちが仕事モードでも、体はリラックスモードに入ってしまっているのが原因かもしれません。実はちょっとしたスイッチで、体のモードを切り替えることができるのです。

体のモードで能率アップ!?

自律神経をコントロール!

人間には、自律神経と呼ばれる神経が備わっています。これは意識しないうちに、体の調子を常に整えてくれている大切な神経。でもこの自律神経、大きく分けてふたつに分かれているんです。

それが交感神経と、副交感神経です。聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。この自律神経をシーンに合わせてコントロールすることで、とっても効率的に仕事をしたり休んだりすることができるのです。

交感神経:戦闘モード 副交感神経:休眠モード

簡単に言えば、交感神経は体を戦闘モードにする神経、副交感神経は休眠モードにする神経です。

例えば野生のライオンなら、狩りをするときは交感神経、食事を済ませ消化を行うときは副交感神経がそれぞれ優位になっています。

しかし「自律神経」との名前の通り、自分の意思で直接この神経をコントロールすることはできません。お昼ご飯を食べた後の眠気は、気合いではどうにもなりませんよね。

それではどのようにこのふたつを切り替えるのでしょうか。

気持ちだけでなく身体を切り替える

一言で言うと、交感神経と副交感神経の切り替えは、身体を騙して錯覚させることが効果的です。

例えば交感神経が優位になると、身体は次のような反応をします。心拍数が上がり、血管が縮むため手足は冷え、呼吸は速く浅くなります。逆に言えば、身体をこうした状態に置くことで、交感神経が優位な状態を作り出すことができるのです。

眠くて仕方がないときや、食事の後でぼーっとして集中できないときは、体を少し動かしたり、冷たい水で手を洗うといいでしょう。

副交感神経が優位な場合は、この逆です。心拍数は下がり、血管が拡張し手足が温まり、呼吸は遅く深くなります。なんだか気が昂ぶって落ち着かないときや、うまく眠れないときなどは、手や足を暖かくしたり、ゆっくりとした呼吸を心がけましょう。

自分の身体をうまく使いこなそう

いかがでしたでしょうか。自分の身体のことは、知っているようで意外に知らないものです。仕事に精神的な気合いが必要なときももちろんありますが、身体的な工夫をうまく導入すれば、もっと効率的にものごとを進めることができます。オフィスでは長時間働くことが多いからこそ、自分の状態には気を配ってみてはいかがでしょうか。