あなたの職場にオフィスおかんを!

恋に破れた社員のための福利厚生「失恋休暇」株式会社チカラコーポレーション

本日は少し仕事ばかりの話題から趣向を変えて、プライベートと仕事のバランスについてのお話です。

あなたは失恋によって仕事が手につかなくなってしまった経験はありますか?

あんなにのめり込んだ恋だったのに、急に別れることになってしまった。あの時ああしておけば、というタラレバを言いたくなってしまうのは人情というものです。

とはいえ仕事場にまでこの感情を引きずってしまうと、仕事どころではなくなってしまいますよね。

そんな時にきちんと失恋に区切りをつけるために会社として福利厚生制度でフォローをしているケースをご紹介します。

 

そもそも失恋の乗り越え方は男女で異なる

男女の差として失恋した時の乗り越え方は違うと言われています。恋について男性は別のフォルダを作って保存、女性は上書き、なんて言葉を聞いたことはないでしょうか。そういった恋愛に対する向き合い方も違えば、失恋時の対応についても違うことが多くあります。

一般的に、女性は共感型の性質を持っていることが多いと言われています。自分が思っていることを話すことで悩みが小さくなったり、誰かの気持ちを共有してもらうことで繋がりを感じたりというところが特徴的です。

失恋後には友達と食事に行ったりカフェに行ったり、コミュニケーションを取ることが良い気分転換になるようです。

 

一方で男性が失恋したときには、割と他の人と話したりするよりも、一人で何か別のことを考えるように何かに没頭することが多いのではないでしょうか。例えば一人で飲みに行ったり、どこかに1人で旅行をしたり、ということが多いと思います。

 

株式会社チカラコーポレーションの福利厚生「失恋休暇」とは?

さて、そんな失恋時に好きなことをして心機一転したいという時に、仕事に行かなければならない、というのはなかなか辛いですね。

そんな時に従業員の気持ちを汲んでくれる会社があります。

兵庫県で美容院経営を行なっている株式会社チカラコーポレーションでは、福利厚生制度として「失恋休暇」を導入しています。この失恋休暇とは、社員が失恋によって通常行なっている業務行動が精神的に困難になってしまった場合に、有給休暇を取得することができる制度です。

失恋休暇の取得方法

この「失恋休暇」を取得したい場合は、失恋をしたために休暇を取得したい意向を店長に報告することで、翌日から休暇に入ることができます。店長への報告は書面を作成して、何人もの上長が確認するといったものではなく、口頭報告でOKとなっています。

失恋休暇の取得回数

取得できる休暇の日数は年齢によって異なっており、基本的には20代前半は1日、20代後半は2日、そして30歳以上は3日となっていますが、失恋による心の痛みの深刻度によっては、休暇日数が加算されていく仕組みになっています。

さらに、「失恋休暇」の取得回数には制限が設けられてはいないため、恋多く失恋してしまうスタッフの中には、月に何度も取得する方もいらっしゃるそうです。

 

福利厚生「失恋休暇」の誕生には、このような理由があるんです。

「失恋休暇」自体の始まりは、2005年にマーケティングを専門とする株式会社Hime&Companyが発案・導入し、その6年後である2011年に株式会社チカラコーポレーションも取り入れました。

美容業界というのは、カット技術やシャンプー技術、カラーリングの技術なども商品として挙げられますが、その基となっているのはやはり美容師さんで、つまりは客商売です。そんな美容室の売上を左右する美容師さんが失恋してしまって、テンションが下がったまま元気もなくお客さまの前に立っても仕方ないと、株式会社チカラコーポレーションではこの制度を取り入れました。

この「失恋休暇」の導入決定や概要の発案者は同社の西靖社長で、女性が多い職場であり、恋愛に対する理解を会社が示すために取り入れたと言います。また、同社では美容業界で一番働きたい会社となることを目的として、制度を導入したとも言います。

 

福利厚生「失恋休暇」に隠された導入メリットとは?

現在、多くの市場において、商品やサービスの量は十分に足りており、顧客の要求やリクエストは年々、多様化や高度化していっています。そうしたニーズに応えるために、企業もあの手この手で様々な活動を行なっていますが、やはりこうした活動を支えているのがスキルとモチベーションが高度化された人材だと言えます。そして、人材力を高めていく方法として、各企業では特別休暇を導入するケースが増えてきました。

その一例として挙げたのが、今回ご紹介している株式会社チカラコーポレーションの「失恋休暇」ですが、そのメリットにはこうした社員のモチベーションや能力の向上の他、企業力の向上などが挙げられます。

「失恋休暇」は恋に破れた美容師さんがリフレッシュし、心身ともに健康を保つことができ、ワークライフバランスをきちんと確保することによって、自己実現欲求を満たしていきます。そして、やがてはモチベーションや能力の向上につながるといったメリットがあるわけです。

さらに、「失恋休暇」はそのキャッチーゆえに、「社員を大切にする企業のメッセージ」として広く世間に伝わるため、新たな人材確保のアピールポイントになったり、結果として企業の存在感や知名度を向上させ、企業力のアップに繋がったりしています。