導入企業1000拠点突破!導入事例から見るオフィスおかん

キャリウーマンとはなにか?目指すためにはどうするべき?

会社という組織の中で、女性は男性に比べて弱い存在でした。同じ労働者とはいえど、女性は結婚して家庭を守るのが当たり前で、どんなに仕事ができる人であってもいずれ寿退社してしまうのが普通。そのため女性が管理職になることは少なく、女性は出世できないものとされていたのです。

しかし現代では男女平等が叫ばれ、会社という組織のあり方にも大きな影響を及ぼしました。未だ男性優位の待遇である会社が多いことは否定できません。ですが男女雇用機会均等法の制定により女性の社会進出が増え、男性と同じようにキャリアを積み上げる女性が少しずつ増えているのです。このような女性はキャリアウーマンと呼ばれ、身近な存在となりつつあります。

今回はキャリアウーマンとは何か、どうすればキャリアウーマンとして認められるのかについて解説します。

キャリアウーマンとはなにか

キャリアウーマンとは単純に会社員として働く女性を指す言葉ではありません。かつての弱い立場の女性としてではなく、男性に負けないくらいバリバリと仕事をこなしたいと考え、それを実現させている女性のことを指します。コピーや事務作業といった雑務だけでなく、専門的な知識を持って社内の中でも重要な役割を担っているのが特徴です。一般的なオフィスだけでなく、かつては男性が就くイメージしかなかった技術職や研究職を目指すキャリアウーマンも存在しています。

キャリアウーマンに向いている人とは?

キャリアウーマンとして欠かせない気質は負けず嫌いである、ということです。

ようやく認められるようになってきたとはいえ、男性の中にはいまだに女性を軽視する人もいます。女性がキャリアウーマンを目指そうとしているにもかかわらず「女のくせに」など心ない言葉を浴びせる人にも出会うことでしょう。仕事と向き合う以上、そんな言葉にひるんでいる暇はありません。批判に対しても「それがどうした」と跳ねのけられるくらいの強い心が必要になるのです。

ハッキリと意見を述べられるのもキャリアウーマンに欠かせない素質です。仕事ができるキャリアウーマンとして認められるには自分から仕事を生み出し、遂行していく必要があります。単に上司の言いなりになっているだけでは周りを認めさせることはできません。

キャリアウーマンとして活躍するためにするべきこと

キャリアウーマンは誰にでもすぐなれるものではありません。今活躍しているキャリアウーマンもそれまでの道のりは簡単ではなかったはずです。何事にも変化するためには準備が必要となります。

キャリアウーマンとして活躍するためには他の人にはない専門知識を身につけると良いでしょう。今は能力さえあれば性別に関係なく認められる社会になりつつあります。いくら男性の方が優遇される空気があるからといって、能力のある女性には敵いません。人にはない知識・能力を身につけることでキャリアウーマンとして活躍できる可能性がグッと広がります。

次に重要なのは明確な目標設定です。目標が具体的に定まっていなければ何をすればよいのかも分からず、ただキャリアウーマンになりたいと思っているだけで状況は何も変わりません。具体的な将来の自分像を思い浮かべることで何をするべきなのか、どんな知識を身につけるべきであるかがハッキリし、とるべき行動が定まります。

どんな企業でもキャリアウーマンを目指せるわけではない

会社は数十人、数百人が集まってできる組織です。たった一人が女性も男性と同じようにキャリアを積んでいくべきと考えたところでどうしようもないこともあるはず。

残念ながら、企業によってはいまだに男性優位の環境もあります。このような環境でキャリアウーマンとして活躍するのは難しく、転職も視野に入れて活動する必要があるかもしれません。とはいえ、このような環境からも学べることはあります。その会社で認められている人はどんな人なのか、認められるためにはどうするべきかを考える機会と考えることもできるのです。

今の会社で頑張るか、転職して活躍できる場を見つけるのかはそれぞれ。自分のこれからについて判断・行動するのもキャリウーマンには欠かせない資質です。