あなたの職場にオフィスおかんを!

毎日席替え!カルビーのフリーアドレスをはじめとした手厚い福利厚生とは?

ポテトチップスやかっぱえびせんなど、お菓子業界のトップランナーであるカルビー。カルビーが常にトップを走っていられる理由には、従業員の働き方改革を導入し、よりフレキシブルに働ける環境を生み出していることが考えられます。今回は、カルビーが導入するフリーアドレス制度をはじめとした福利厚生をご紹介します。

 

柔軟な働き方を提案するカルビーの「フリーアドレス」制度

カルビーでは、「すべての従業員がイキイキと働ける環境を提供することで企業は継続的に成長できる」という考え方を持っており、従業員の働き方改革に力を入れています。そのうちの1つとして採用されているのは、フリーアドレス制度です。カルビーの本社ではこの制度に則り、従業員には固定のデスクが用意されていません。毎日の業務や気分によって、3種類の座席から自由に選択することができるシステムを採用しています。

・ソロ席

パーテーションで区切って、1人で集中して仕事ができる席です。この席では、通常の業務を一人で遂行する人が多く好む席だと言われています。

・集中席

ソロ席よりもさらに集中度が高く、この席に座っていると他の人との接触は一切絶たれる席です。「絶対に今日中に企画書を仕上げる」など、気合の入った人が座る席ですが、その分高い自己管理も必要となります。

・コミュニケーション席

少しゆとりを持ちつつ、いろいろな人とコミュニケーションを取りながら仕事をしたい人に向けたコミュニケーション席では、4人がけの席となっています。ミーティングなどで利用することはもちろん、少し開放的にリラックスして仕事をしたい人に向けた席です。

以上、3パターンの座席からその日の業務内容によって席を選択することができます。このフリーアドレス制度は、従業員だけではなく役員や管理職も同じ制度で仕事をしており、さらに部署も関係ありません。従業員同士のつながりを増やすことで、クリエイティビティが高まるような仕組みとなっています。

 

フレックスタイム・モバイルワーク・直行直帰制度

それぞれのワークライフバランスを考慮して、フレックスタイムの導入、営業の直行直帰のスタイルをカルビーでは推奨されています。フレックスタイムでは、ライフスタイルに合わせて出社・退社時刻を設定できるので、コアタイム(10時-15時)に出社していればOKです。そのため、通勤ラッシュを外して勤務することも可能となります。この制度の延長線上に、営業マンの直行直帰制度があり、営業先が自宅の近くであれば、時間に合わせて直行又は直帰することが認められています。

また、カルビーでは「モバイルワーク」制度も導入しており、自宅での勤務はもちろん、カフェやワーキングスペース、図書館など場所を問わずに仕事を行うことができます。この2つの制度を利用することで、子育てや介護などのライフワークバランスの充実をカルビーは図っています。

 

会長や相談役と対話できる「松塾」

カルビーほどの大きな会社になると、経営のトップと会話どころか会うことも難しいことが予想されます。しかしカルビーでは、「松塾」と称した社内経営塾が開催されており、カルビーの従業員であれば誰でも参加できる機会が設けられています。会長の松本氏や創業家の松尾相談役の講義を聞くだけではなく、自由に対話することもできる機会となっています。

 

長く務めた人には休暇と旅行代金が支給される「サンクス・ファミリー」制度

カルビーは従業員だけではなく、その先の家族も大切にするという企業ビジェンを掲げています。そのため、20年以上の勤続者に対しては、従業員が長く勤められたのも家族の支えがあったからこそという理由から、休暇と旅行代金が支給されることになっています。

 

家族を働いている会社に招く「ファミリーデー」

家族に実際に仕事をしているところを見てもらうことで、会社に対する理解や従業員の違った一面を家族に感じてもらうために、年に1回のファミリーデーを設けています。オフィス見学はもちろん、お子様のためにゲームなども実施し、カルビーから家族への感謝と、これからもお願いしますという意図が込められています。

 

まとめ

カルビーの手厚い福利厚生制度を紹介しました。カルビーほどの大企業がこのような福利厚生を導入している背景には、従業員一人一人がカルビーの成長を作ってくれるというビジョンがあり、従業員に関わる家族全てからカルビーが尊敬され、賞賛され、愛される会社になるというものがあります。カルビーはすべての人に愛されるために、まずすべての人を愛する福利厚生を導入しているということなのです。大手企業に就職したいのなら、カルビーはオススメの企業です。