導入企業1000拠点突破!導入事例から見るオフィスおかん

ツール・サービスを使って業務効率化を実現しよう!

仕事の生産性を高める、それはどんな企業にとっても常に追い続ける目標と言えるでしょう。

企業で働くビジネスマンにとっても、一つの仕事に長い時間をかけるのではなく、効率よく働き、できるだけ短時間で仕事を終えたいものです。業務効率化は、企業・ビジネスマン双方にとって永遠の課題です。そんな業務効率化に役立つツール・サービスがあります。

今回は、業務効率化のためのツール・サービスをご紹介しますので、ぜひ導入を検討してみてください。

 

業務効率化に役立つツール・サービスのご紹介!

DF

http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se113286.html

テキストファイルやフォルダの比較を、高速に並列で実施することができるというフリーソフトです。

このソフトを使うと、テキストファイルやフォルダの差分を即時に把握することができるようになります。使い方も非常にシンプルです。古いファイルをバックアップ用として残して置いたはいいが、どこが変更されたか分からないようなとき、変更履歴を作成したいときなど、目視で比較するよりも正確に、より早く比較できるようになり効率的です。

 

Eight

https://8card.net/

スマートフォンのアプリで名刺を撮影するだけで、その名刺からネット上にデータベースを作ってくれるというサービスです。

利用する際も無料で会員登録するだけで利用が可能なので、お手軽です。名刺をアルバムに束ねておいても、すぐに取り出せなければ活用できませんが、このサービスを使えば名刺をデータベース化できるので、以前名刺をもらった相手の検索も簡単にできるようになります。facebookと連携すれば、ネット上での名刺交換ができたり、相手の顔写真が表示され誰からもらった名刺か覚えやすくなります。名刺管理が各段に効率化されるだけでなく、名刺をより有効に利用できるようになるでしょう。

 

シフオプ

https://www.shifoplite.jp/

シフト表・勤務表をネット上で簡単に作成・管理できるサービスです。

Excel等の表計算ソフトで作成すると更新が面倒だったりしますが、このサービスを使えば、更新が簡単に行えるだけでなく、見た目も非常に分かりやすい状態になります。利用料は無料です。シフト作成のためのメンバー登録だけでなく、情報収集や情報の一括配信までネット上で行うことができます。オンラインサービスなので、出先であっても手軽に更新したり、メンバーへ簡単に通知することができるのです。勤務管理の効率がアップすること間違いないでしょう。

 

SIGN

https://svgn.biz/

2018年からサービス名称が「SIGN」から「GIJI」に変わる予定です。議事録のためのオンラインサービスです。

このサービスを使えば、議事録を作成しやすくなるだけでなく、オンライン上で即時に共有することや議事録の管理もしやすくなります。このサービスを使えば、これまで議事録作成後に回覧する形で確認していたものが、ネット上で会議参加メンバーと確認しながら議事録を作成することができるため、あとで修正するという手間が省けます。また、議事内容についても意識合わせしながら会議を進めることができます。回覧の通知も即時に行えます。企業に議事録はつきものです。議事録の共有・管理がしやすくなることは、仕事の効率化にすぐに効果を表すでしょう。

 

todoist

https://ja.todoist.com/

タスク管理を支援するオンラインサービスです。

オンラインサービスなので、タスク情報を場所を選ばずに、どこでも作成することができるだけでなく、タスクについて複数メンバーで共有することができます。インターフェイスも分かりやすいように工夫されています。タスクについてメンバー間で共有することで、タスク漏れを防ぐことができ、タスクの状況についての共有を行うことができます。タスク管理を効率的に行うだけでなく、見える化することで、よりチームでの作業が行いやすくなるのではないでしょうか。

 

まとめ

業務効率化に効果的なツールやサービスをご紹介しました。ご存知のものはありましたか?また、参考になるツールはありましたか?

今回ご紹介したツールやサービスを活用していただければ、あなたの業務の効率は改善されるでしょう。大事なことは、このようなツールやサービスを使い続けることです。便利なサービスがあっても使わなければ変わりません。これまでのやり方を見直して、このような便利なツールやサービスを使うように仕事のやり方を変えてみてはいかがでしょうか。