導入企業1000拠点突破!導入事例から見るオフィスおかん

株式会社オールコネクトが導入する充実した10の福利厚生とは?

ブロードバンドを中心としたインフラサービスを提供している企業、株式会社オールコネクトでは、とても充実した福利厚生を導入しています。

福井県に本社を置き、様々なグループ会社を持ち、450人の社員を抱えるオールコネクトには、社員が働きたくなるような福利厚生が充実しています。今回は、株式会社オールコネクトが導入する10の福利厚生をご紹介します。

 

研修制度

新入社員はもちろん、管理職の研修、それぞれの職種によっての研修など幅広く充実した研修制度を福利厚生として導入しています。社員の業務に対する知識を深めることで、より生産性の高い仕事ができるような仕組みを、会社が作り上げています。そのため、仕事をしながらレベルアップが可能な環境となっています。

 

資格取得支援制度

業務に必要な資格であれば、受験料を会社が負担してくれ、さらに合格したあかつきには報奨金が贈呈される制度です。社員の資格取得を推奨することで、業務への還元の目的はもちろん、社員のその後のキャリアでも有利に働くので、働きながら取得した知識をもとに学び、さらにその知識を活かせるようになっています。

 

B活制度

オールコネクトのユニークな福利厚生制度といえば、「B活制度」が挙げられます。B活のBはブランディングのBの頭文字から取られており、オールコネクトのブランディングに繋がる活動を奨励してくれる制度です。オールコネクトのブランディングに繋がる活動とは、特に明記されておらず「社外の方へ発信している主体的な活動」を行なっている人に対して支援を行なっています。例えば、バンド活動や演劇など、「オールコネクトには面白い人材がいるね」と言ってもらえるような活動をしていることが条件のようです。

 

部活動支援制度

社会人になると、なかなか部活動を行う機会はありませんが、オールコネクトでは複数のメンバーで集まって活動を行うと「部費」と称した金額が支給され、部活動の活動ひに充てることができます。現在でも、スノボ部、ゴルフ部、バレトン部、フットサル部など一般的なものから、馬術部など少し特殊な部活動まで様々な部が盛んに活動しています。

 

コミュ予算制度

2ヶ月に1回、全部署に「コミュニケーション予算」が支給される福利厚生制度です。仕事だけではなく、仕事以外でもスタッフがコミュニケーションを取ることを会社として推奨しており、職場以外でコミュニケーションを取ることで、違った一面を見ることでより仲を深めることが目的です。せっかく一緒に働く仲間なので、お互いに気持ちよく仕事ができるようにという目的で導入されている制度でしょう。

 

オルコネパーティー

年1回、全社員が集まって行うパーティーです。新入社員のゲーム企画やショー、年間MVPの発表など、オールコネクト全社員が集まって行われる盛大なパーティーです。皆正装して参加し、社員それぞれが楽しめるパーティーです。

 

リスタート制度

主に女性のための福利厚生として使われているのが、リスタート制度となります。産休・育休終了後、保育園などへ通わせても子供は突発的な風邪や体調不良が起こりやすいものです。そんな不安のある人や、自身の体調を戻したいという人が時短勤務を希望した場合、通常だとパートやアルバイトでの雇用となりますが、このリスタート制度を使うことで正社員でありながら時短勤務として勤務することが可能となる制度です。仕事と育児を両立したい人におすすめの福利厚生だと言えるでしょう。

 

賃貸物件の支援制度

会社から住宅補助の一環として、不動産会社とオールコネクトが法人契約を結んでおり、物件契約の際に初期費用などの特別割引制度を受けることのできる福利厚生となります。福井県に本社があることから、地元の人だけではなく移住者などを受け入れたいオールコネクトならではの福利厚生制度です。

 

社員旅行

数年に一度、全社員での社員旅行を実施しています。国内旅行だけではなく、最近の社員旅行はグアム旅行だったようです。しかも3泊4日と、グアムを遊び尽くすのに十分な日程でした。普段の頑張った分、会社が社員に還元してくれる制度だと言えるでしょう。

 

ライフアップイベント

社内にあるライフアップ委員会が企画したイベントを、不定期で開催しています。社員が企画・実行するため。様々な面白いイベントが不定期で行われる制度です。

 

まとめ

株式会社オールコネクトの福利厚生をご紹介しました。充実した福利厚生の中には、社員への還元ももちろん、子育てママの職場復帰を支援する制度やユニークなものまで、様々な福利厚生が導入されています。福井で転職をご検討の方は、オールコネクトの福利厚生を検討してみてはいかがでしょう?