あなたの職場にオフィスおかんを!

出産祝い金が100万円!アキュラホームの福利厚生は手当が充実

手当が充実しているアキュラホームってどんな会社?

アキュラホームは工程を合理化することで、高品質・適正価格の家づくりを実現する住宅企業です。全国の工務店・ビルダーをつなぐ住宅づくりのネットワーク・JAHBnet(ジャーブネット)の加盟店は250社を超えて国内最大級のホームビルダーネットワークになっています。

創立者でもある宮沢社長は親子3代にわたる大工の家系。入社式では新入社員の前でみずからカンナがけを披露することでも有名な名物社長です。

自己啓発・祝い金。アキュラホーム注目の手当は?

資格取得の自己啓発支援手当。すべてが10万円以上でモチベーションアップ

住宅作りにはさまざまなスキルや専門知識が必要とされます。建築や不動産・インテリアはもちろん、資金繰りなどの金融知識まで。

そのためアキュラホームでは住宅作りに関連する各種資格の取得を社員に奨励しています。指定の資格を取得すると、お祝いの一時金が社員に支給されます。資格の難易度によって金額に差はありますが、すべてが10万円以上となっています。

資格ごとの手当を確認

資格と金額を確認して見ましょう。

建築関連資格では、1級建築士40万円・2級建築士20万円・1級建築施工管理技士20万円・2級建築施工管理技士10万円、インテリアコ-ディネ-タ-20万円となっています。

そのほかには、2級ファイナンシャル・プランニング技能士(AFP)10万円・宅地建物取引士20万円・、インテリアコ-ディネ-タ-20万円。

キャリア形成や自己啓発を奨励。通信教育手当も

キャリアデザイン制度採用

アキュラホームではキャリアデザイン制度を導入しています。社員自らがキャリア形成を考え、将来のステップアップにつながるように、所属長と話し合い実際の人事異動に反映されます。自己申告でも所属長の推薦を受けた社員でも利用することができます。

通信教育受講で手当も支給

資格取得以外にも社員の自己啓発をサポートしています。会社指定の通信教育講座を受講して修了すると、通信教育講座の費用が支給されます。

住宅づくりに直結する社内コンテストも開催

アキュラホームでは社員のデザイン力・提案能力を高めるために社内コンテストを実施しています。

「デザインコンテスト」では住宅のデザインを競います。「しあわせデザインコンテスト」では家族のコミュニケーションを深めるアイデアを募集します。「住みこなしコンテスト」は住宅の暮らしやすさを提案します。建築士やデザイナーといった一部の職種でなく、幅広い社員が参加できます。

参加できるのは社員だけではありません。日本全国の加盟工務店も参加できます。

社員の出産・育児を支援。出産祝い金は100万円

出産祝い金のしあわせ一時金制度

日本で少子化がすすむなか、アキュラホームでは社員の出産・育児をサポートしています。

しあわせ一時金制度では、出産時に1人目30万円、2人目では50万円、3人目以降は1人あたり100万円支給されます。

育児コース転換制度で時短勤務も可能

働きながら幼児の育児をすることはたいへんな労力がかかります。その負担を軽減するためにアキュラホームは育児コース転換制度を導入しています。

育児休業後〜小学校就学までの期間限定ですが、時短勤務社員として勤務することが可能です。

アキュラホームその他の手当は?

残業してもしなくても固定残業手当支給

アキュラホームでは固定残業手当支給が支給されます。30時間分の残業手当ですが、実際の残業時間が30時間を下回っていても満額が支給されます。30時間を超過した場合は別途残業手当が支払われます。

車両持込手当

営業職社員の場合は自己車両を持ち込むと、車両持込手当が支給されます。

まとめ

アキュラホームは出産手当金100万円をはじめとして、従業員への手当が非常に手厚いところが特徴ですね。きちんと従業員の成長や、長く勤めてもらうことに対するインセンティブを与えられています。

自社の福利厚生の充実を考える際の参考にしてみてください。