導入企業1000拠点突破!導入事例から見るオフィスおかん

オフィス環境を改善してモチベーション向上!生産性を高める環境作り

毎日、快適に生活できることは、人にとってとても幸せなことです。それと同じように、仕事をするにも快適なスペースで働くことができることが、効率性を高めることになります。

オフィス環境は昔と比べて、大きく変化してきました。社員1人ひとりに、ノートパソコンが支給されて、1人当たりの仕事のスピードは格段に上がっています。

昔は残業を多くしてでも仕事の締め切り納期を間に合わせることが、評価されていましたが、現在では全く逆転した考え方です。極力、残業を減らして限られた時間の中で仕事を終わらせることか、求められている時代です。そのためには、オフィスの環境を良くしていく必要があります。適度な刺激と適度なリラックスができる快適空間を作る必要があります。

そのような理想的なオフィスの環境にするためには、どのようなことに配慮すればいいのか、見ていきましょう。

それぞれの社員が作業できるスペースを確保

今のオフィスワーカーの多くは、ノートパソコンを持っています。そのために、自分1人が作業できるデスクがあれば、基本的な仕事を行うことは可能です。

但し、隣の席と狭すぎるのも良くありませんし、離れすぎていることも横に座っているメンバーとのコミュニケーションが希薄になりやすくなるので、適度な距離を保つことが基本的な考え方と言えるでしょう。

ただ、SEやデザイン等、アイデアをひねり出したり、創造性を求める職種ともなると、隣との情報共有等の必要性が低くなるので、デスク間に仕切りを設けることも、仕事の効率を上げることになります。

空調管理もオフィス環境を良くする重要なポイント

快適なオフィスとは、作業効率を高めることができるスペースを持っていることが要件になってきますが、もう1つ重要な役割を占めているのが、空調管理です。

夏場はクーラー、冬の時期はヒーターを効かすことが常ですが、冷た過ぎても暖かくし過ぎでも、仕事をする環境としてはよくありません。

特に、夏のクーラーは、節電の意味もあり、外気との温度差を小さくする取り組みをしている企業も増えてきましたが、オフィスの場所によっては、寒すぎたり、逆に全く効かないというギャップも生まれてくるので、均一化させることでより快適な空間を維持させることが大切です。

空気清浄機や加湿器も空調管理で無視できない

また、冬の時期は、どうしても室内は乾燥しやすくなります。

コンタクトレンズを付けている社員にとっては、乾燥しきったオフィスはとてもではないですが、集中できる環境とはいえません。

このようなことにも配慮する必要があり、加湿器や空気清浄機を設置することも、オフィス環境を良くすることになるのです。

リフレッシュルーム

また、長時間の作業で、精神的にも疲れが溜まった時に、ちょっとした時間に気持ちの切り替えをする必要があります。そのために、リフレッシュスペースを作ることも、良いオフィス環境の条件と言えます。

リフレッシュスペースでは、軽食やコーヒープレイクできる設備を設けたり、喫煙コーナーも設けることで、疲れた気持ちの切り替えをスムーズに行えるようになります。

また、このスペースはあくまでリフレッシュが目的なので、ここでの打ち合わせやミーティングをすることはしないようにルール作りをしておくこともいいでしょう。

快適過ぎるのも良くない

しかし、快適さ追求するあまり、むしろリラックスし過ぎて、作業効率を低下させてしまうことにもなりかねません。

したがってあまりに快適な環境にすることを重視しすぎると、むしろ生産性を下げてしまうので、注意も必要です。

外のカフェで仕事をしている人から学べること

現代のビジネスマンの中には、モバイルパソコンを利用してカフェで仕事をしている人も増えています。彼らの多くは営業であり、移動する時間や空き時間を有効的に利用して、仕事の効率性を高めています。

しかし、クリエイティブ系の仕事をしている人も、カフェで仕事をすることもあります。

彼らがカフェを利用する理由として、オフィスとは全く異なる環境で、仕事をすることで、 いいアイデアが浮かんでくることもあるそうです。

営業マンでも、カフェにいる短時間で、かなりの仕事を終わらせることも可能なのですが、リフレッシュスペースの運用ルールの中で、一定時間だけ仕事のために開放させることで、カフェでのワークと同じ効果が出せる可能性を秘めています。

もし、この試み実施するなら、試験的な運用から入り、その結果を踏まえて本格的運用に切り替えていくことも、オフィス環境を良くする取り組みになってきます。

総務・労務・管理部 担当者必見!!

初期費用なしで始められる社食サービスで従業員満足度を向上させよう

  • 健康経営に力を入れたい
  • 生産性向上に取り組みたい
  • オフィスの食環境を整えたい
  • サービス詳細はこちら