オフィスおかん導入企業1200社突破!自動販売機プランもスタート

マインドフルネスの効果とは?上手な取り入れ方や研修を紹介

マインドフルネスという言葉は日本にもすっかり浸透し、意識するビジネスパーソンも増えています。マインドフルネスは、生産性向上やストレス対策にも有効で、GoogleやAppleなど世界的に有名な大企業でも取り入れられています。今回は、そんなマインドフルネスについて整理しました。この機会に、マインドフルネスを理解し、社内で実践するきっかけづくりに取り組んでみてはいかがでしょうか。

マインドフルネスの効果とは?

世界中で、マインドフルネスに取り組む企業が増えています。どんな効果を得ているのでしょうか。

生産性の向上

マインドフルネスに取り組むことで、多くの企業や社員が生産性の向上を感じています。マインドフルネスの手法のひとつに瞑想があります。ほんのわずかな時間でも毎日瞑想を行うことで、脳と心身を休めることができます。思考が整理され混乱を防ぐことができるのです。

いったんリセットされた脳は、集中力や注意力をキープすることができ、集中を妨げられることがあっても、すぐに集中に戻る能力が養われていきます。

ストレスの軽減

マインドフルネスは、ストレスの軽減にも役立ちます。瞑想を継続することで、現状を見つめ直す能力が培われます。その結果、過去や未来に囚われることなく、目の前のことに没頭し、高い成果を出すことができます。ストレスがあるとこのサイクルとは逆のスパイラルが起きてしまい、過去や未来にとらわれすぎると、高い成果を出すことができません。

身体的には、呼吸を意識することで日常での呼吸量が増え、疲労の軽減、免疫力の向上につながります。呼吸が深くなることで、安定した精神を保ちやすくなり好循環が起こりやすいのです。

瞑想だけではないマインドフルネス

上記では、マインドフルネスでも代表的な手法として瞑想をご紹介しましたが、マインドフルネスのための手法は瞑想だけではありません。身体の隅々を意識化していく「ボディスキャン」や、食べたり歩いたりするときに意識を深める瞑想もあります。

相手の話を深く聞きながら、自分の内側に起こることを観察していく「マインドフルリスニング」、自分の内側に湧く考えや感情を徹底的に書き出す「ジャーナリング」などの例もあります。

Googleのマインドフルネス研修とは?

Googleが社員にマインドフルネスを推奨していることは有名です。独自に開発された、社員向けのマインドフルネス研修「Search Inside Yourself」は現在、インテル、ナイキ、NASA、アメリカ海軍など他の先進企業や政府機関でも導入されるまでに発展しています。

人気の秘密は科学的根拠

瞑想は、皆さんもご存知の通り、東洋では仏教やインドなど古い歴史が絡むものもあります。宗教的なものをイメージしたり、ただの精神論と捉えたりして、とっつきにくさや抵抗を感じる人も少なくありません。

Googleが開発したマインドフルネスメソッドは、古くからの瞑想とやり方は一致する部分がありますが、宗教的、精神論的要素は一切入っていません。すべて、脳科学的な根拠に基づいた研究による結果をもとに創り出されたものなのです。

瞑想のやり方も、現代社会人にわかりやすいように言葉が工夫されていて、日常に取り入れやすい説明で進められていくものです。実践者のその効果の実感度がかなり高いものとして広まってきたのです。日本でもGoogleが開発したマインドフルネスメソッドを提供する機関も出てきているようです。

まとめ

マインドフルネスを導入することで社員のストレス軽減や心と身体の健康維持のため、ひいては、組織の生産性の向上が期待できます。マインドフルネスを学ぶ研修の導入を検討されてみてはいかがでしょうか。

社員の健康を想う"食"の福利厚生

健康的で安心・安全な美味しいお惣菜をオフィスに常備できる 社食宅配型のサービスオフィスおかんを導入してみませんか?

全国対応
初期費用0円
自動販売機プランがスタート

資料ダウンロードはこちら