導入企業1000拠点突破!導入事例から見るオフィスおかん

注目の福利厚生「マッサージ」 健康経営視点でみるメリットは?

福利厚生の一環として、マッサージを取り入れている企業が増えてきているのをご存知でしたでしょうか?

最近ブラック企業や働き方改革の話題が取り上げられている中、社員の負担を少しでも軽減させてあげたいと思い、このような福利厚生を取り入れている企業が多いのです。

導入する方法としては、会社で施術を行ってもらう訪問マッサージや、社員が直接出向いて施術を受ける来店マッサージなどがあります。どちらであったとしても、立派な福利厚生であることは間違いありません。

福利厚生でマッサージを取り入れることにより、どのような効果を得ることが出来るのかを、これから紹介していきますので是非検討してみて下さい。

福利厚生のマッサージ効果で業務効率がアップ

仕事中の休憩時間を利用してマッサージを取り入れた場合、メリハリを付ける事ができるようになる為、業務効率が格段にアップします。

人の集中力が続く時間というのは限られていますから、無理に集中しようと思ったところで、仕事の効率が下がり生産性が悪くなる一方です。

マッサージをすることで、残りの業務時間に集中して取り組むことが出来ますし、翌日以降もリフレッシュした体で仕事に臨むことが出来るようになります。

また、慢性的に肩こりや腰痛などに悩んでいる社員の場合、痛みを感じながら日々生活してるのが少しでも楽になるのではないでしょうか。

最近、社員の仕事のミスが増えてきていると感じでいる企業はマッサージを取り入れてみることで、ミスが少なくなり業務効率がアップするかもしれませんよ。

福利厚生のマッサージで離職率低下

マッサージという一風変わった福利厚生を導入している企業が増えてきているとはいっても、まだまだ少ない方です。

そのため、他の会社ではマッサージを受けることが出来ないと社員に思ってもらうことで、仕事で多少辛い事があったとしても、社員のことを考えてくれている、という会社の姿勢を理解してもらうことができ、すぐに辞めたいと思うのを防げるかもしれません。

また、マッサージをすることでストレスが軽減されますので、メンタルヘルス対策としても効果があるかもしれません。近年はうつ病などを発症してしまったせいで、退職をするケースも増えてきていますから、このような事を防ぐことが出来れば結果的に離職率も低くなっていく傾向となるのではないでしょうか。

社内マッサージで会社をアピール

社内マッサージを導入していることを、採用情報のページなどに福利厚生として取り上げることで、会社をアピールすることが出来ます。

マッサージだけを見て応募してくる人はいませんが、それでも企業として従業員を大事にしている、という姿勢を見せることで求職者に対してのアピールにはなりそうです。

また、取引先やお客さんを相手にする時に話のネタにすることも出来るでしょう。

このように、社員がリフレッシュできるだけではなく、アピールに使うということもできます。

福利厚生のマッサージは社内の雰囲気にも良い影響を与える

マッサージをするということは、心身ともにリフレッシュが出来るということですので、社員が気持ちよく仕事をすることが出来るようになります。

社員が楽しく働くことが出来ている職場というのは、社内の空気も明るいですしお客さんにとっても居心地が良いと感じることでしょう。

また、社員が健康になればなるほど病気が原因で突然休む事が少なくなっていき、他の社員がカバーをしなければならないという事態を避けることができます。突発的な病気や体の不調で他のメンバーに手伝ってもらうことは、少し気まずいという気持ちが生まれがちですよね。そういったところから社内の雰囲気があまり良くないものになってしまうのは勿体無いです。できるだけみんなが健康的にのびのび働ける環境を整えてあげるべきですね。

マッサージの導入で、個人の健康のみならず、チームとしての人間関係も良好になっていくという素晴らしい効果まで期待できます。

まとめ

福利厚生でマッサージを導入した場合に得られる効果について紹介してきましたが、業務の効率がアップするだけではなく、社内が働きやすい環境になるなど良いことがたくさんあります。

楽しく仕事をすることが出来るということはお客さんに対しても自然な笑顔でサービスを提供することが出来るということです。

経費を掛けている以上、マッサージを導入するだけでは勿体ないですので、ホームページや採用情報に自社のアピールポイントの一つとして取り入れてみましょう。

優良企業であることを社会だけでなく、社員からも認められるようになってくれば、必然的に離職率の低下にも繋がってきます。

マッサージというたった一つの福利厚生を取り入れるだけで、得られる効果はたくさんありますので、検討してみる価値は十分あるのではないでしょうか。

総務・労務・管理部 担当者必見!!

初期費用なしで始められる社食サービスで従業員満足度を向上させよう

  • 健康経営に力を入れたい
  • 生産性向上に取り組みたい
  • オフィスの食環境を整えたい
  • サービス詳細はこちら