オフィスおかん導入企業1200社突破!自動販売機プランもスタート

採用難の要因と企業がとるべき対策とは!?将来から考える人材採用ノウハウ

採用難に頭を抱え、優秀な人材の確保に奮闘している人事担当の皆さんも多いと思います。今後人口減少は加速する一方で、ここ数年間はこの採用難が激化する可能性が考えられます。今回は採用難を引き起こしている要因や企業や人事がとっていきたい対策をお伝えしていきます。ぜひ採用活動の参考にしてみてください。

将来から考える採用難の要因

現在もすでに採用難の状況は見られますが、今後も続いていくと見られている採用難の要因を見ていきましょう。

労働人口の減少

少子高齢化が進み、日本の労働人口(15~64歳)は、ますます減少することは明らかです。内閣府によれば、日本の労働人口は2035年に約100万人減少すると言われています。各社の人材獲得競争の激化、人材が確保できないことで事業継続が難しくなる可能性が強くなっていくでしょう。
<出典>生産年齢人口の減少

ミスマッチ傾向が高い

日本の職業選択、人員選択のマッチ度の低さも採用難の要因のひとつとなっているようです。企業によっては人材不足の状況で、誰でもいいから採用とするケースもあるようです。そうするとミスマッチが生じ、長期的な人材定着が難しく、採用の負のスパイラルが起きています。

求職者の意識の変化

最近は給与やポジションを高くすることだけが好条件とはいかない現状があります。働き方の多様化や働き方改革の影響で、働きやすさやワークライフバランスを重視する人が増えてきています。給与やポジションのみを押し出した採用戦略では、人材の確保どころか応募者すら集めることが難しくなっています。人事は時代にあった採用戦略と
組織改革を進めていかなければいけません。

今までの手法の継続では採用難を乗り越えることができない

採用市場は、以前とはくらべものにならないほどの急速に変化しています。今までずっと行ってきた採用手法のままでは、求職者の目に留まり関心を惹きつけることは難しいでしょう。

移り変わることへの対応が必須

採用に関する、求職者の特徴、転職市場のトレンドなどを常にキャッチアップしていく必要があります。アプローチの仕方やツール、企業アピールの項目などの見直しや分析、変更していくことも大切です。また人事に若い社員を抜擢し、若者視点を取り入れるということも有効かもしれません。

人事を経営戦略と捉える

人事を経営に結び付けて戦略的に行なっていく必要があります。採用活動を人事のみの役割と置いてしまうと、実際の事業に関わる社員との間にギャップが生まれやすいようです。採用時だけでなく、自社で長期的に活躍してもらうための人材育成・キャリア支援は欠かせないものでしょう。

採用難を乗り越えるための対策事項

ではこれからの人事はどのようなことに適切な対策を打っていく必要があるのでしょうか。

働く環境を整える

売り手市場が続いて行く中、求職者の目は肥えてきます。働く環境づくりもひとつの大きな選択要素となります。社員に安心・安全を提供できるよう整えていく必要があるでしょう。

働き方を柔軟にする

最近は、フレックスタイムやリモートワークなど場所や時間に縛られず働く人が増えています。このように求職者は自由な働き方を求める傾向が強まってきています。働く時間や場所について見直す必要があるかもしれません。また働き方の選択肢があると、働きやすさに配慮している企業イメージの発信にもなりますし、実際に働く社員に対しても働きやすさを提供することになります。女性社員の確保にも効果的です。

人材の確保施策

現代の若手層の傾向として、学びや成長に対する意欲が高いという特徴がみられます。社員の成長を支援する施策や制度が充実させることは、社外へのアピールになるだけでなく、社員の定着率や組織力の向上につながるでしょう。

デジタルの積極活用

就職や転職活動で活用するツールや媒体の高度化や多様化が進んでいます。自社の求める人材がどのツールや媒体に集まりやすいのかを把握して、有効なものを取り入れる必要があるでしょう。定番の求人サイトや仲介会社の活用だけでは、優秀な人材を獲得できない時代になっています。

求人訴求力で逆選考に勝つ!

現代は、企業が人材を選ぶというより、人材のほうが企業を選択することが優勢になっています。訴求力のある発信をして求職者ニーズに応えていくことが人材確保の第一歩といえるでしょう。企業は顧客だけでなく、求職者に対するマーケティングも必要になっています。

まとめ

採用難を乗り越えていくには、採用市場の変化にアンテナを張り、新しい採用策も取り入れていくことが必要です。自社が採用難の要因をどの程度抱えているかという現状把握も欠かせません。求めている人材に沿った企業ブランディングやマーケティングを行なっていきましょう。

社員の健康を想う"食"の福利厚生

健康的で安心・安全な美味しいお惣菜をオフィスに常備できる 社食宅配型のサービスオフィスおかんを導入してみませんか?

全国対応
初期費用0円
自動販売機プランがスタート

資料ダウンロードはこちら