オフィスおかん導入企業1200社突破!自動販売機プランもスタート

残業削減のための妙案!ドイツの労働時間貯蓄制度を知っていますか?

労働時間貯蓄制度は、ドイツを中心にヨーロッパの国々で採用されている時間短縮を目的とした制度です。ヨーロッパ諸国の労働時間の短さや一人当たりの生産性の高さはご存知の方も多いと思います。労働時間貯蓄制度もその一端を担っているようです。この記事では、労働時間貯蓄制度がどうのような制度なのか詳しくご紹介します。

ドイツの労働時間貯蓄制度とは?

ドイツは日本と比べて労働時間が短いにも関わらず、一人当たりの生産性が高い傾向にあります。ドイツの労働に関する法律、労働環境、そして労働時間貯蓄制度について整理しましょう。

ドイツの労働に関する法律

ドイツの法律では、1日10時間以上働くことが禁じられています。例外がほとんどないという点でも日本の視点からすると特徴的です。条件によっては労働時間を伸ばせたり、サービス残業の多い日本とは違い、厳格な制度だと言えます。

またドイツには、休暇や余暇を充実させてこそ仕事の生産性につながるという意識がとても強いのだそうです。ドイツで働く人たちにとって短時間労働は国の法律であり雇用者との契約内容にもなります。

残業超過が発覚した場合、雇用者(もしくは管理職)は180万円の罰金もしくは1年の禁固刑。抜き打ちの監査が入るほど、厳重に徹底されています。また有給休暇に関しての法律は年間で最低24日間となっており、30日間設定の企業が一般的なのだそうです。優秀休暇の取得率も国をあげて取り組んでおり、100%に近いということからも意識の高さが伺えます。

ドイツの生産性

残業が厳しく取り締まられるドイツの2016年の年間労働時間は、平均1,363時間でした。日本の年間平均1,713時間に比べると350時間(25%)の差があります。

その短い労働時間にも関わらず、ドイツの生産性は高いことで有名です。経済も好調傾向をたどっています。1人が1時間に生み出すGDPは、長時間働く日本人の約1.5倍という調査結果も出ています。
<出典>IMF – World Economic Outlook Databases (2017年10月版)

労働時間貯蓄制度の概要

主にドイツなどで導入・実施されている労働時間モデルの一つで、職場で定めた契約上の労働時間と実労働時間の差、すなわち残業や休日出勤など所定外の労働時間をあたかも銀行預金のように勤務先の口座に積み立て、後日従業員が有給休暇などに振り替えて利用できるしくみのことです。
<出典>日本の人事部

たとえばその日に1時間の残業をした場合、ほかの日に1時間少なく働くことで消化できます。残業時間を口座に蓄積して後日有給休暇として活用することもできるようです。プラスである限り、一日の勤務時間が自由になるとも言い換えられます。

労働時間貯蓄制度のメリット

労働時間貯蓄制度のメリットはどんなことが挙げられるのでしょうか。残業が時間調整や休暇によって消化されるため、残業代の支払いや事務処理が削減されるでしょう。また社員の仕事配分、時間マネジメント力は向上することが期待できます。まとまった休暇が取れることは社員のリフレッシュ度を高め、仕事でのモチベーションや生産性の向上にも役立つでしょう。

労働時間貯蓄制度のデメリット

残業消化に期限が設けられている場合、休暇を取らなければ、いわゆるサービス残業となってしまいます。またドイツの場合は、そもそも残業の量が増えれば法律に反してしまう可能性も出てきます。よって日頃の仕事管理、時間管理を計画的に行っていく必要があるのです。ただ一方で、画一的でなく自分でコントロールしなければならない企業の労働時間にストレスを感じる人もいるそうです。

まとめ

ドイツやヨーロッパ諸国の制度や働き方は、それぞれの国の文化や法律、社会環境も反映されたものであるため、完全に日本のお手本にするのは難しい点もあるかもしれません。しかし短い時間で高い生産性を上げている彼らの働き方や人事の在り方は、要所要所で参考にできる部分もあるのではないでしょうか。日本も独自の良さを残しつつ、世界のビジネスの流れに追いつく必要がありそうです。

社員の健康を想う"食"の福利厚生

健康的で安心・安全な美味しいお惣菜をオフィスに常備できる 社食宅配型のサービスオフィスおかんを導入してみませんか?

全国対応
初期費用0円
自動販売機プランがスタート

資料ダウンロードはこちら