オフィスおかん導入企業1200社突破!自動販売機プランもスタート

あなたの会社は大丈夫!?労働時間短縮の推進とジタハラ(時短ハラスメント)の境界線

過労死、精神疾患のリスク回避、ワークライフバランスの推奨などが活発化するにつれて、労働時間短縮を積極的に取り組む企業が増えています。しかし「いきなり残業禁止!定時で退社!」となるとジタハラ(時短ハラスメント)になる可能性があることをご存知でしょうか。ジタハラにならないためにも組織を上げた短縮策が必要です。

ジタハラとは?

社員の仕事時間の短縮は、社員のワークライフバランスのため、と捉える企業は多いと思います。しかしその一方で、時短を推奨するだけでは「そんなこといったって仕事はあるし、減らないし…」という反感を買うことになってしまいます。「早く帰れ!」は、「仕事を早く終われ!」という意味で受け取られることもあります。まるで、遠まわしに能力が低いと言われているかのように感じる社員も出てくるでしょう。

もともと仕事の早い人は時間管理も得意で、時間が短くなればそれなりの対策を自分で取れるものです。しかしほとんどの人はいきなり時間や仕事のペースを変える必要性が出てきても難しいのではないでしょうか。効率的にスピーディーに仕事をこなすことが脅迫のように感じられる社員がいても不思議ではありません。

ジタハラの社員への影響

長時間労働を削減することは、悪いことではないはずです。長い目で見ると、欧米の高い生産性に追いつくことも可能でしょう。しかしジタハラとして社内に蔓延すると、生産性向上を目指した時短対策も期待はずれの悪影響をもたらすので気をつける必要があります。

時短!でも仕事量はそのまま

時短を推奨することは、簡単にできます。しかしルールを立てるだけでは社員の負担やプレッシャーが大きくなるだけです。仕事量や業務工数の負担を同時に減らして、時短しやすい環境を創り出すことが大切です。

ペースが掴めない

毎日3~4時間の残業で仕事をこなしていた社員にとって、その時間を削られることは自分の仕事のスタイルやペースが乱れることになります。残業が必要だった理由はさまざまだと思いますが、そういった社員の現状と時間の使い方の意識改革も必要です。そうしないと業務負担だけでなく、社員の精神的なストレスを増強してしまいます。

スキルや成果の低下

早く、多くの仕事をこなそうとするとき、仕事の質に対する意欲は下がりがちです。質のよい成果を出すことと、期限に間に合わせることはいつも隣り合わせです。早く済ませることだけに意識が向いてしまうと、質が担保されないという問題点が出てきます。

ジタハラ回避!時短に役立つ組織の取り組み

ジタハラを回避して、社員の時短を支援するために組織はどんなことができるのでしょうか。

時間に対する意識教育

社員の時間に対する意識を強めることが時短には欠かせません。時間への意識が高まると、わずか5分や1分もムダにしない考え方になるでしょう。締め切りに間に合わせることだけに必死になるのではなく、よりよい時間配分を追求するようになります。意識が変わるだけでも明らかに時間の使い方の質が上がっていきます。

限られた時間で成果を出す能力

限られた時間の中で、よりよい成果を出すために何が必要か、どうすればいいかを考えることが大切です。もちろん能力やスキルの向上も必要になってきますが、優先事項を見極め、やることとやらないことの精査力が必要です。この見極めが能力やスキルにも反映されていくでしょう。タイムマネジメントの研修なども効果的かもしれません。

適材適所の精査

早く、多く、そして質高い仕事をしていくには、仕事に対する適性を見逃すことはできません。組織には、社員の強みを正確に見て、人材を適材適所に配置する仕組みが必要です。

業務フローの見直しと共有

組織全体の業務フローを見直し、当たり前になっているムダな業務を省いていくことも大切です。ムダなことに時間を割いてしまえば、重要なことに費やす時間が減ります。ITツールの活用、アウトソーシングなどを利用すると大幅に業務を効率化することができます。

会議の在り方を見直して効率化

組織のミーティングの議題を見直して、本当に必要な話し合いだけに絞ったり、参加者を絞り込んだりすることも大切です。また質の高い有意義な話し合いをするために、会議やミーティングの進め方についても工夫できることはたくさんあります。事前に議題を共有することで、共有時間の短縮につながります。

まとめ

労働時間削減と生産性向上は、現代のビジネスにおいて企業と社員が一丸となって取り組みたい課題です。企業は社員に働きやすさとともに、意識改革やスキルアップ研修などを取り入れて能力開発サポートをしていくことがますます重要になってくるでしょう。

社員の健康を想う"食"の福利厚生

健康的で安心・安全な美味しいお惣菜をオフィスに常備できる 社食宅配型のサービスオフィスおかんを導入してみませんか?

全国対応
初期費用0円
自動販売機プランがスタート

資料ダウンロードはこちら