オフィスおかん導入企業1200社突破!自動販売機プランもスタート

離職率が高いのはなぜか?離職原因の把握と人事の対策で定着率向上!

就職や転職活動の中で、企業の離職率は注目される項目です。実際には、離職率が高いだけで良くない会社だと判断するのは、適切ではありません。とは言っても企業としては「定着率」は上げておきたいというのが本音でしょう。ここでは、離職率が高い組織の特徴、人事ができる離職率対策をお伝えしていきます。

離職率が高いから悪い会社ではない

離職率について考える際にまず知っておきたいのは、離職率自体が「良くない企業」を示すものではないということです。もちろん、ブラック企業といわれるような環境であれば、職場状況が離職に直結するでしょう。

しかし優良なホワイト企業であっても、一時的に離職率が高まる状況はあり得ます。老舗企業では、割合の大きかった世代が一気に定年ということもあるでしょう。大きな人事改革を行ない、組織全体を活性化させる戦略として、企業から大量に退職を促すケースも現代では少なくありません。人事としては、自社の状況を踏まえつつ、離職率を分析していくことが必要です。

離職率が高い組織の特徴

新卒や若い年齢層の離職については、組織に不満を抱いているケースが少なくありません。若手の入れ替わりが頻繁(離職率が高い)企業には見直していきたい特徴があります。

閉鎖的で人間関係が良くない

人間関係がスムーズでない企業であっても、いつもギスギスしていたり、明らかに不和が生じていたりするとは限りません。単に、コミュニケーションの機会が少なく、社員同士のつながりが希薄なことも多いのです。他には上司と部下の信頼関係がうまく築かれていなかったり、協力体制が整っていなかったりします。そうするとそれぞれの社員がストレスを抱えていても、相談したり、問題視されたりがない閉鎖的な雰囲気が醸成されてしまいます。

ワークライフバランスが取りにくい

長時間労働が習慣になっている組織は、社員はその会社での仕事に不満を抱えやすくなるようです。そうした人たちが辞めていくと、残った人の業務負担が増えるばかりという悪循環をもたらします。またワークライフバランスが取りにくいと、人としての健康管理にも影響を及ぼします。業界によって離職率の傾向は異なるものですが、オーバーワークになれば、どんな職業でも離職が増えてしまうでしょう。

離職率を把握したあとの人事的取り組み

離職率がどのような結果になったとしても、その数字を見て終わりとしないことが大切です。人事は、数字から離職傾向を読み取って分析し、適切な改善策でできる限りの歯止めをかける必要があります。

コミュニケーションの活性化

社内の人間関係は職場の雰囲気に直結するものです。人事はコミュニケーションが希薄にならないような対策を打つ必要があります。コミュニケーションツールの導入、1on1ミーティングの実施、社員主体のイベントや社外活動を増やすなどの対策で効果を上げている企業もあるようです。

福利厚生の充実

社員が積極的に活用できる福利厚生や自社独自の制度を制定することで、離職率を大幅に下げている企業が増えています。有給休暇の取得率が低い企業も多いようですが、制度があっても利用されていなければ、ないのと同じで、意味がありません。企業で働いている期間を有意義で充実した時間にしてもらうためにも、仕事もプライベートも満たせるような制度作りが必要なのです。固定的な発想を取り払って自社ならではのユニークな制度を導入してみてはいかがでしょうか。

まとめ

新卒や若手の新入社員の採用に関して、企業や職種とのミスマッチを防ぐことも人事の大きな役割のひとつです。企業の状況や社員の特性なども外部環境によってどんどん変化していくことが予想されます。その時々の情報に適切なアンテナを張り、本当の問題への解決策を見つけ出して対処していく必要があるでしょう。

健康経営に取り組みたい
人材定着を向上させたい
コミュニケーション活性化
残業時間短縮
女性の働き方支援

働き方改革にインパクトを与える食の福利厚生サービス

サービス詳細はこちら 資料ダウンロード