オフィスおかん導入企業1200社突破!自動販売機プランもスタート

週休3日制はカスタマイズが必須!導入企業の工夫とは?

週休2日制に加えて、さらなる時間短縮のための施策が活発になっている昨今、週休3日制を取り入れる企業も多くなってきました。ここでは、週休3日制を取り入れている企業とともに、導入のメリットやデメリット、また運用の工夫なども紹介していきます。導入時の注意点もあわせて参考にしていただけたら幸いです。

週休3日制を取り入れている企業

週休3日制は、比較的大きな企業の導入が目立つようです。どんな事業を行なっているかという側面を見るために、採用企業を確認してみましょう。

【運輸】佐川急便株式会社

【IT】ヤフー株式会社

【アパレル】ユニクロ(株式会社ファーストリテイリング)

【IT】日本IBM株式会社

【飲食】日本KFCホールディングス

【スポーツ用品】アルペングループ

【保育】株式会社トットメイト

【介護】ウチヤマホールディングス

【製造】株式会社サタケ

週休3日制が広がる背景

週休3日制を導入する企業の割合は全体の10%以下でまだまだメジャーとは言えない制度ですが、導入企業の目的や期待はそれぞれの企業で異なっているようです。単に休みを多くする取り組みだけではありません。

採用難の昨今、企業の人材を確保するという課題解決策としても週休3日制が機能しています。社員に柔軟な働き方を提供することで従業員満足度の向上や企業イメージのアップにもつながります。また社員の離職を防ぐことにも役立っているようです。さらに週休二日勤務との時間配分が異なるため、社員の時間管理力が向上することを通じて生産性のアップにつなげている企業もあります。

週休3日制の仕組み

タイプ1・労働時間と給与据え置きの週休3日制

週休3日制はそれぞれの事業や業務、労働者のライフスタイルの傾向に合わせて制度の内容が工夫されています。代表的な週休3日制は、週休2日制の場合の労働時間や給与がそのまま適用されるタイプです。つまり週40時間を4日間の勤務に割り当てます。1日の勤務が長くなりがちな事業においては有効策となっているようです。これは運送、介護や保育など人手不足が深刻になっている企業の活用が多く見受けられ、佐川急便のセールスドライバーやユニクロ(平日限定)、アルペン、ウチヤマホールディングス、トットメイトなどがこの方策を取っています。

タイプ2・無給か減給となる週休3日制

他の週休3日制の方策として、労働時間や勤務日数を選択できるようにしているのが日本IBMです。無条件で短時間勤務制度の利用を認めていて、週3勤務、週4勤務(週休3日制)、週5勤務(6割労働時間)、週5勤務(8割労働時間)があります。勤務時間によって減額される仕組みです。ヤフーでは、育児や介護を行っている社員に対し、追加の1日は無給の休暇扱いにする方法が取られています。そして勤務日の労働時間は通常と変わらずと設定しています。

ケンタッキーフライドチキンの日本KFCホールディングスは、時間限定社員制度とし、週20時間勤務が可能となり、育児休業後の社員にとっては勤務継続を可能にする策となっているようです。

週休3日制のメリット

プライベートの時間が増える

週休3日制になれば必然的にプライベートの時間が増えます。家族との時間や趣味の時間にあてることができ、ワークラフバランスが取りやすくなります。

生産性が向上する

週休3日制になると、今までより業務時間が減る分効率的に仕事をするようになります。会社としても個人としてもこの意識が生まれることでムダな業務を省くようになり生産性の工場が期待できます。

週休3日制のデメリット

給与が下がる

労働時間が下がるため、給与が下がる可能性があります。ただ成果を重視する会社では、労働時間ではなく、結果で評価されるため、成果さえ出すことができれば給与に影響しないでしょう。週休3日制の導入には、給与制度とセットで考える必要があるかもしれません。

残業時間が増える可能性

週休3日制は週休2日制に比べ、労働時間が減ります。本来は生産性向上により1日の労働時間に影響しないというのが理想ですが、社員によっては残業が増えてしまうこともあるでしょう。時間内に業務をこなすために、タイムマネジメントができる人材の育成をセットで考えていく必要がありそうです。

週休3日制のキーはカスタマイズ

 

人手が足りないのに、週休3日制の原則や週休3日制を活用する人がいると、さらに人手が要るのでは?という懸念も上がるでしょう。しかし週休3日制で働きたいという人材は多く、採用ブランディングにつながるというメリットに転換できます。自社の業務と社員のニーズを摺り合わせていくことが成功の秘訣のようです。

まとめ

昨今では、週休3日制自体の魅力に加えて、週休3日を可能にするために、柔軟な働き方への配慮がされていることも企業のアピール要素となっているようです。休みが多くても業務進行に支障が出てしまえば、かえって社員の負担にもなりかねません。自社の事業スタイルを十分に加味しながら有効な週休3日制を取り入れることが大切です。

初期費用0円
全国対応
自動販売機プランスタート!

健康経営の施策にも効果的!

サービス詳細はこちら 資料ダウンロード