オフィスおかん導入企業1200社突破!自動販売機プランもスタート

失敗しない社内SNS!企業のメリットとチェックポイント

組織内のコミュニケーションツールとして社内SNSを導入する企業が増えています。皆さんの会社でもなんらかのツールが使われているかもしれませんね。ここでは、社内SNSを有効な組織ツールとして導入するために失敗事例や選定のチェックポイントについて説明します。人気の社内SNSもご紹介していますので参考にしてください。

社内SNSを使うメリット

社内SNSの活用は圧倒的に増えています。
ここ数年だけを見ても急激に活用率が伸びている社内SNSを使うメリットについて見ていきましょう。

メール時間が減る

朝、仕事始まりにメールチェックをするという人は多いでしょう。しかし社内のやり取りにおいて、メールの活用度は下降傾向にあります。パソコンを立ち上げ、メーラーを開き、新着や既存のメールの処理をするという工数の削減に社内SNSが活躍するようになってきました。

気軽な共有が実現する

誰に対する送信であってもメールはSNSよりもハードルが上がります。あらためてメールを送るまでもない、ちょっとした確認、依頼、情報共有というのは増えてきているのではないでしょうか。気軽に、即座に伝えるべきことのみ伝えておくというのがSNSでは可能になるのです。

社内SNS導入の失敗事例

社内でSNSを活用した失敗事例を参考にしておきましょう。
便利なはずのSNSですが、導入してもうまく組織内に浸透させられない企業は意外に多いようです。

個人的な指摘や注意の拡散

社内で内容を共有する場合、発信する内容には慎重になる必要があります。個人的な叱咤や指摘は受け取る相手の顔を潰すことにもなりかねません。双方だけが理解すべきやり取りは、送信先を絞り込む必要があります。

何のために使うのかの認識不足

そもそもどんな目的でその社内SNSを業務に取り入れるのかを使用する社員が認識することが大切です。目的を絞るということも重要です。目的を絞ることで自社にとって適切なSNSツールを探し出すことも可能になるでしょう。

はじめから全社共有

一気に全社共有にすると、社員の関心度が薄くなる傾向があるようです。小さいチームで活用してみながら、徐々に活用者の幅を広げていき、使用密度をキープしていくのが得策です。

快適な使用環境でない

そもそもSNSの使用に慣れていない社員もいるでしょう。使い勝手が業務環境に沿っているか、シンプルな操作で使いやすく業務の効率化に直結するものかという点でツールを選択していくことも大切です。使い勝手が悪いと感じるツールでは、元のスタイルに戻ってしまう確率が高くなるでしょう。

人気の社内SNSのご紹介

企業の社内SNSとして良く活用されている人気のツールをご紹介します。

ChatWork

日本における社内SNSとしては高いシェアを誇っているChatWork(チャットワーク)
シンプルで、日本語対応されているためはじめて使う人も比較的馴染みやすいでしょう。
無料での活用もでき、タスク管理やメモ管理も可能。グループチャット、個人チャットが分けられる点も魅力です。

gamba!

若手の社員の中には毎日の日報を面倒に感じている人も多いです。その日報を簡素化できるツールとしておなじみのgamba!(ガンバ)。登録社数は8,500社を超え、多くの社内コミュニケーションを支えています。日報機能を通じて目標や進捗管理や社員の振り返りの促進ツールとしても機能しています。15日間は無料で使用できるので試してみてはいかがでしょうか。

Beat Shuffle

Beat Shuffle(ビートシャッフル)は、目的や課題別に機能を使い分けられることが魅力です。シンプルなインターフェイスと機能がカスタマイズできる点が強みといえるでしょう。既読と未読機能で見落としを防止。ノウハウやナレッジの蓄積やアイデア創出ツールとしても役立てられています。

Wantedly Chat

無料で使える機能が豊富なのが特徴のWantedly Chat(ウォンテッドリーチャット)。登録も簡単で使用開始のハードルも低いです。社外の人も検索できるためクライアントとの連絡ツールとしても有効。社内に限る場合は、グループを作成しての活用になるでしょう。PCでもスマートフォンでも専用アプリも活用可能です。

ChatLuck

ビジネスとそれ以外をしっかり分けたいという社員にも定評のあるChatLuck(チャットラック)。SNSの便利な部分を業務で活用、不便になる部分を排除したサービスが魅力です。さまざまな働き方や場所のメンバーが多い組織では使い勝手がいいはず。大量にファイルもストックが可能でセキュリティも比較的安全性が高いです。

まとめ

ご紹介した社内SNSはほんの氷山の一角。さまざまなSNSツールがあります。大切なことは、自社の風土や業務スタイル、組織形態にフィットしているものを採用するということです。有料、無料とありますが、まずは試して特徴を探ってみてください。

社員の健康を想う"食"の福利厚生

健康的で安心・安全な美味しいお惣菜をオフィスに常備できる 社食宅配型のサービスオフィスおかんを導入してみませんか?

全国対応
初期費用0円
自動販売機プランがスタート

資料ダウンロードはこちら