オフィスおかん導入企業1200社突破!自動販売機プランもスタート

組織強化の有効策!管理職のコーチングスキルの向上が必須

コーチングは、現代に即した人材育成の手法とのひとつとして注目されるようになり、ビジネスの現場でも積極的に取り入れられています。高度な手法ではありますが、職場のコミュニケーションを円滑にするためにも有効な手法です。この記事では管理職に必須のコーチングについてご紹介します。

ビジネスコーチングのポイント

心理学やスポーツの分野にもあるコーチングという手法ですが、最近ではビジネスでも活用効果が認識されています。まずはコーチングがどういうものなのかを確認していきましょう。

コーチングとは?

コーチングは、対話することによって相手の最大の能力を導き出す手法です。ビジネスでは、経営者や管理職は外部の人材にコーチングを依頼することもあります。部下にとって直属の上司がコーチとなる場合が多いでしょう。

ティーチングとの違い

コーチングとは何かを知ろうとするとき、ティーチング、つまり教えることとの違いを考えるとわかり易いです。上司と部下の関係上でのティーチングは、上司のもつ知識やスキルを部下にそのまま伝えることを意味します。部下は上司の知っていること以上を学部ことはできません。

コーチングの答えは常に部下に委ねられます。上司としては何が答えとなって出てくるかわかりませんが、目標は部下の能力やポテンシャルを最大限に引き上げることです。最初から答えを与えずに、考えさせることで部下の主体性や思考力が養われます。

主役は部下!聴くに徹する

上記で挙げたようにコーチングとは、教えることやアドバイスを与える機会ではありません。上司は、主観的な意見を避け、部下の発する言葉にとことん耳を傾け、その言葉や反応に対応していくことへの集中が必要です。

質問を駆使して考えさせる

ただ単に話を聞くだけでは十分ではありません。上司の役割は、部下が自分で考える上で考えやすいよう支援するような質問をすることです。部下がどこでつまずいているのか把握し、乗り越えるためのヒントとなるような質問をします。部下の状況を把握できる能力が必要です。

管理職がコーチングを身につけるメリット

上司やリーダー層がコーチングを身につけることのメリットはたくさんあります。

上司と部下のコミュニケーション強化

コーチングは、指示や注意ではなく、対話で進めていくものです。トップダウンではなく、双方は対等なスタンスで向き合うことが基本です。対等なスタンスで向き合うことで、穏やかで好意的なコミュニケーションを進めることができます。

部下の目標達成率の向上

コーチングの対話によって、部下からの自発的な発言や行動が生まれます。今まで以上にモチベーション高く目標に向かって業務を進めていくことができるでしょう。また上司は部下の思考パターンをよりよく理解できるため、タイミングよくサポートや支援の手を差し伸べることも可能です。それによって効果的、効率的に目標に近づけるのです。

現状に即した最適解が見つかる

最適な判断や答えは、部下自身がすでに持っているというケースがほとんどです。ただそれに気づくことができていない人は多いのではないでしょうか。上司としては部下が気付けるように促していくのがコーチングなのです。

信頼関係が築かれる

意見や考え、自分の想いをよく聴き、よく理解してくれていると思う相手に対して信頼感をもつものです。適切なコーチングは、部下は上司に対して信頼を寄せるようになります。また見守られているという安心感を持って仕事を進めることができるでしょう。

重要なのは管理職のコーチングレベル

部下の成長は上司のコーチング力次第といわれることも多くなりました。課題となるのは、管理職のコーチングレベルの向上です。人によってコーチングの知識や能力に差があることは否めません。有効なコーチングを遂行できる管理職の育成も必要です。

まとめ

ビジネスにおけるコーチングのポイント、管理職が部下育成のためのコーチングスキルを磨くメリットについてお伝えしました。コーチングを行なう場合、上司のコーチング力のレベルが部下の成長度を左右するといっても過言ではありません。組織の強化策としてコーチングについての知識と実践力を身につける機会を創り出していきましょう。

社員の健康を想う"食"の福利厚生

健康的で安心・安全な美味しいお惣菜をオフィスに常備できる 社食宅配型のサービスオフィスおかんを導入してみませんか?

全国対応
初期費用0円
自動販売機プランがスタート

資料ダウンロードはこちら