オフィスおかん導入企業1200社突破!自動販売機プランもスタート

丸投げは禁物!採用代行は採用計画とセットで成功率アップ

最近採用業務をアウトソーシングできる市場が拡大しているようです。採用難といわれる昨今、採用をアウトソーシングすることで企業の人事課題を効率的に解決することも可能です。今回は企業の採用活動を他企業に委託する採用代行サービスのメリットやデメリット、利用の際の意識ポイントについてお伝えしていきます。

採用代行サービスが生まれた背景

近年採用代行サービスの需要が高まっています。多くの企業で採用に関する課題が大きくなり、自社内で対応できなくなったことは背景です。あなたの会社でも以下のようなことに当てはまることはありませんか?

採用トレンドについていけない

ここ数年の間に採用の方法や活用するツールなどの多様化が一気に進んでいます。従来よりあった就職・転職サイト、仲介業者を活用するだけではなく、次々に新しい媒体が生まれています。SNSなど現代の若者たちの趣向や傾向に合わせたツールも多く、今までの人事のノウハウでは対応できません。

採用活動のマンパワー不足

採用難により人事部のマンパワーが不足している企業も少なくありません。優秀な人材を採用するために十分な応募者を集められていない、選考に時間をかける余裕がないという問題に直面している採用担当者も増えているようです。

離職率の増加

上記で挙げた問題点が派生して、とにかく人材を確保することだけに力を注いでしまうと思わぬ問題に直面することが多くなります。それがミスマッチによる社員の早期離職。自社成長できる社員の見極めがうまくいかないのは、戦略的な採用ができていないからかもしれません。

採用代行サービスのメリット

上記の問題を解決する手段の一つとして考えられるのが、採用代行サービスです。採用のプロフェッショナルが採用を代行してくれます。ここでは採用代行サービスを活用するメリットについて見ていきましょう。

人事の専門性が高い

担当してくれるのは採用についてプロフェッショナルな人事です。採用市場のトレンドも常にキャッチしていることも心強いはず。優秀な人材が採用できるようサポートしてくれるでしょう。

採用コスト削減

人事部の体制が不十分なまま、無理に採用活動を行っても、優秀な人材は採用できないでしょう。さらに採用できてもミスマッチが起こり離職率が上昇してしまうかもしれません。これらのリスクを考えると採用代行サービスによって優秀な人材を採用出来れば、長期的に考えて採用コストは低くなるでしょう。

プロセス工数削減

煩雑になる履歴書選定、採用業務のほとんどを代行してもらえるサービスもあります。自社の採用で時間と労力を注ぐべきコア業務に集中することができるので、採用成果も向上させられるでしょう。

採用代行サービスのデメリット

では採用代行サービスを活用するデメリットにはどんなことが挙げられるのでしょうか。

自社人事担当者が育たない

採用プロセスのほとんどを代行で行ってもらえるサービスのため、自社内の人事担当者の人事業務経験が薄くなり、スキルを上げることが難しいという点はデメリットです。一方でカスタマイズした依頼も可能なので、人事教育の側面も検討・相談しながら依頼できるといいでしょう。

採用代行活用には明確な採用計画が必須

採用代行サービスを活用する際には、どこまで依頼するかを社内で明確にしておくことが必要でしょう。

代行可能?採用計画で策定するもの

採用計画をどのように立てればいいかわからない場合でも、その策定段階から関わってくれる代行業者もあります。また採用活動を上流から下流まで依頼することもできます。そこで採用代行サービスを利用する際には、採用プロセスの中で任せる範囲、自社で行う範囲も明確にしましょう。

まとめ

人事のマンパワー不足、採用活動に関するノウハウ不足、その他企業が抱える人事的課題の解決の一策になるのが採用代行サービスの活用です。自社に必要な「部分」をよく吟味して、ムダのない効果的な活用をご検討してみてはいかがでしょうか。

社員の健康を想う"食"の福利厚生

健康的で安心・安全な美味しいお惣菜をオフィスに常備できる 社食宅配型のサービスオフィスおかんを導入してみませんか?

全国対応
初期費用0円
自動販売機プランがスタート

資料ダウンロードはこちら