オフィスおかん導入企業1200社突破!自動販売機プランもスタート

オンライン面接のメリットとデメリット・注意点のまとめ

最近は採用面接をオンライン上で行う企業も増えているようです。オンライン面接は採用側にも応募者側にも便利な手法として広がっているようですが、デメリットや注意点もあります。採用プロセスの検討やオンライン面接を導入する際のポイントを押さえておきましょう。最後には、オンライン面接をサポートする専用システムも登場しているのでいくつかご紹介します。

オンライン面接の方法

まずオンライン面接がどのように行われているのかを確認していきましょう。

オンライン環境があればマルチ媒体で実施可能

インターネット環境があれば、パソコンはもちろん、スマートフォンやタブレットでも面接できてしまう点が大きなメリットです。応募者側にとってはわざわざ面接会場に行かなくて済み、採用側にとっても、面談の場所を確保する手間が省けます。

Skypeでの面接が一般的

オンライン面接のためにどんなツールを利用しているかは企業によって異なっています。ただ一般的にSkypeで行う企業が多いようです。またオンライン面接のニーズの高まりを受け、専用のオンラインシステムの開発も広がっています。

オンライン面接のデメリットと注意点

オンライン面接なら、手軽に距離を気にせず、世界中の人材にリーチすることができます。面接に出向く、経費や時間の負担がないので応募の確率を上げることが可能です。しかし便利な反面、デメリットと注意点についても確認しておくことが大切です。

通信トラブルが起こる可能性

双方の通信回線の不具合によって、声が途切れたり、途中で通信自体が切れてしまったりする可能性もあります。そうなると十分な時間を確保していても進行の支障になることが考えられます。

対面コミュニケーションとの差

ビデオ通話であっても、意思疎通や質疑応答での細かな反応を把握するのが対面に比べると難しくなります。コミュニケーション能力がもっとも重視される営業などの候補者の見極めには、適さないという声も多いようです。

オンライン面接の専用システムのご紹介

Skypeはプライベートで使っている可能性が高く、コンプライアンスやセキュリティ面の懸念のほかに、IDを知られることに抵抗を感じると言ったプライバシーの問題も少なくないようです。ただ企業側が専用システムを使っていれば、一時的にログインしてもらう形で面接を行うことができます。

バイオグラフ

「バイオグラフ」は、無料アプリをインストールしてもらうことで簡単に利用してもらうことができるオンライン面接サービスです。採用側は、各面接のスケジュール管理、面接情報の社内共有なども一括で済ますことができます。採用側がアカウントを準備すれば、応募者は煩雑な手間なくシンプルに面接時だけログインができます。これならプライバシーの問題は起きませんね。

インタビューメーカー

面接から採用までの作業効率化を助ける「インタビューメーカー」というサービスもあります。このサービスでは、面接のスケジュール調整や外部カレンダー機能との同期も可能です。また面接をしているときにリアルタイムで評価をインプットできる機能も備わっているため、面接が終了した時点で評価を完了できます。さらに録画機能があるため、採用部署内での共有評価も可能です。リリースから1年で800社以上の企業に導入されています。

まとめ

オンライン面接を導入することで、応募者が数倍に上がった企業も多いようです。デメリットや注意点を理解した上で、効率よく活用したいものですね。オンライン面接の導入を採用活動の効率化のために検討されてみてはいかがでしょうか。

社員の健康を想う"食"の福利厚生

健康的で安心・安全な美味しいお惣菜をオフィスに常備できる 社食宅配型のサービスオフィスおかんを導入してみませんか?

全国対応
初期費用0円
自動販売機プランがスタート

資料ダウンロードはこちら