オフィスおかん導入企業1200社突破!自動販売機プランもスタート

メンター制度とは?デメリットを抑え、本当に「効く」制度設計のコツ

新人や若手社員の早期離職率の高さに頭を抱える企業は多いものです。入社後の定着率を上げるためのひとつの施策としてメンター制度を検討されてみてはいかがでしょうか。今回は、メンター制度とはどんのようなものか、その意義や目的、導入によるメリットやデメリットをご紹介します。

メンター制度とは?

メンター制度は、新入社員や若手社員に対し年の近い先輩社員が、仕事のこと・企業や職場のことの相談相手となったり、業務指導やアドバイスを与えたりしてサポートしていく制度です。相談相手は直属の上司とは別に任命されることも特徴です。相談相手となる先輩社員のことをメンター、サポートされる若手社員のことをメンティーといい、相談にのる行為のことをメンタリングといいます。

メンター制度のメリット

メンター制度は、各社員だけでなく企業全体にとってのメリットも期待できることから制度を採用している企業も多いようです。どんなメリットがあるのか見ていきましょう。

メンティーの不安や疑問解消

とくに入社したばかりの社員は、職場にも仕事にも馴染めていない期間が一定期間あるものです。そんなときになんでも相談できたり、気にかけてくれる先輩がいることは心強いもの。不安や疑問を溜めずに、先輩社員に相談できる環境が整っていれば、会社や仕事に慣れるペースが早まるでしょう。このようにメンター制度は、新入社員が安心して働ける環境整備なのです。一般的に年の近い先輩がメンターになることが多く、気軽に相談できる体制が構築されます。

メンターの仕事に対する意識向上

教えることは学ぶことであり自己成長にもつながるといわれます。メンターを任命された先輩社員は、後輩の指導や相談に乗っていく中で、企業や自分の業務について見直す機会になり、自身が成長するきっかけにもなるようです。働く者として、メンティーのお手本的立場になる責任感も向上し、仕事への姿勢やモチベーションが上がることも期待できます。

社員の定着率の向上

若手社員が言いにくい問題や悩みを、メンターの存在によって早期発見、解決を図れるようになります。それによって、若手社員は精神的負担が軽減され、仕事に前向きな姿勢で取り組んでいくことができるでしょう。企業にとっては早期離職の防止策になります。またメンティーも企業や仕事に対しての意欲やエンゲージメントが高まり、継続して働くことにつながっているようです。

メンター制度のデメリット

ではメンター制度のデメリットとしてはどんなものが挙げられるのでしょうか。メンター制度導入する際に注意するべき点、対策を打つべき点についてもチェックしておきましょう。

メンターによって関わりに差が出る

業務指導については、メンターの業務知識やスキルのレベルによって異なります。またその指導の質もメンターによって差があることは否めません。後輩の成長に対する責任の度合い、メンターとして関わる頻度もバラバラになる可能性があります。メンターとなる社員も業務を抱えているため、業務もメンタリングも中途半端になってしまう可能性があることがデメリットです。

メンターとメンティーの相性

メンターとメンティーの相性が悪いケースも起こり得ます。性格が合わないことで、ストレスになり、メンターとメンティー双方に悪影響が出る可能性もあります。ペアリングの際に、それぞれの個性を人事側が見極めることが大切です。

メンター制度導入時のポイント

メンター制度を導入し、成功させるために意識しておきたいポイントをご紹介します。

メンター負担へのサポート

メンターの役割を担う社員は、通常の自分の業務とは別に仕事を抱えることになります。メンター制度があるからといって新人の育成自体がメンターに任せきりにならないように気を付けましょう。組織全体でメンターとメンティーの在り方を支えられるような仕組みが必要になります。

まとめ

メンター制度は多くの企業で取り入れられていますが、自社の風土や業務スタイルに合う制度にカスタマイズすることが大切です。成功するメンター制度の実施には、現場の声を積極的に汲み取っていくことが第一歩かもしれません。

社員の健康を想う"食"の福利厚生

健康的で安心・安全な美味しいお惣菜をオフィスに常備できる 社食宅配型のサービスオフィスおかんを導入してみませんか?

全国対応
初期費用0円
自動販売機プランがスタート

資料ダウンロードはこちら