オフィスおかん導入企業1200社突破!自動販売機プランもスタート

助成金を使って働き方改革を推進!気になる助成金・補助金一覧

「働き方改革」という言葉を頻繁に聞くようになって久しいですね。長時間労働が原因となる過労死や鬱病が、社会問題として認識されるようになりました。そこで、国や自治体でも、働き方改革や健康経営を推進するためのサポートを積極的におこなっています。例えば職場意識改善のために助成金が支給されるようになりました。

こうした経営の健全化、労働環境の改善は、従業員満足度を挙げ、ひいては従業員のパフォーマンス向上にも繋がります。この記事では、企業の成長にもつながる、こうした職場環境の変革に使える助成金をご紹介します。

働き方改革の必要性

過労死やうつ病という差し迫った危険の回避はもちろん、長い目で見た生産性の向上が必要になったことも、働き方改革が求められる理由の一つです。なんといっても人口減少の時代。社会全体で一般的に考えても労働生産性の向上は必要です。

さらに、どこの企業も人材が不足している状況では、企業の競争の観点からしても、働き方改革は必要です。

企業が働き方改革を行うメリット

  • 生産性の向上は、単純に利益の向上に繋がる。
  • 心身の健康の維持は優秀な人材の質を保つ上でも重要。
  • 優秀な人材を確保するために、職場環境が健康であることはアピールポイント
  • 転職が一般的な昨今、働き方改革の遅れは人材の流出を促す。人材定着のため、働き方の健全化は必須。

以上のような観点から、企業にとっても労働環境を改善することは喫緊の課題です。

使える助成金!

というわけで、企業の利益や競争力にもつながる働き方改革。社会全体で推進するという政策の観点から、職場環境の変革に国および自治体が助成金を出してサポートしてくれます。これは使わない手はありませんね!

いくつか代表的な助成金と利用方法をご紹介します。

職場意識改善助成金

残業時間や休日出勤を減らしたり、有給休暇を増やすなどの社員が働きやすい職場環境を作ろうとしている企業に対して一定の額の助成金が支給される制度です。
研修や啓発を行うなどの受給条件があり、①有給休暇を年間4日以上増やす②残業を5時間以上減らすという二つの目標の達成状況に応じて助成金が出ます。達成できなかった場合でも67万円は支給されるので、ぜひ有効活用してください。

対象企業:中小企業・飲食店・サービス業などさまざまな企業

詳しくは→文部科学省HP職場意識改善助成金

業務改善助成金

業務改善助成金は、中小企業・小規模事業者の生産性向上を支援し、事業場内で最も低い賃金(事業場内最低賃金)の引上げを図るための制度。賃金引き上げ計画を策定して提出後、事業場内最低賃金を一定額以上引き上げた場合、その設備投資などにかかった費用の一部を助成します。具体的には、生産性を向上させるための機器導入やコンサルティングサービス、研修の費用などが補助の対象です。

対象企業:事業場内最低賃金が 1,000 円未満の中小企業・小規模事業者。

詳しくは→厚生労働省HP業務改善助成金

ストレスチェック助成金

平成27年から、労働安全衛生法の改正する法律により、ストレスチェックと面接指導の実施等を義務づける制度が創設されました。
従業員数50人未満の事業場は、当分の間努力義務となりますが、それらの企業が、医師・保健師などによるストレスチェックを実施し、また、ストレスチェック後の医師による面接指導などを実施した場合に、事業主が費用の助成を受けることができる制度です。

対象企業:従業員数50人未満の事業場

詳しくは→労働者健康安全機構ストレスチェック助成金(その他のメンタルヘルス関係の助成金もこちらから)

スタートアップ労働条件、改善支援

助成金とは少し違いますが、新しく起業した事業場に、労務管理や安全衛生管理等の基本的な知識について専門家が解説するセミナーや、専門家が事業場を個別に訪問し、適正な就業環境整備の支援する個別支援を、無料で実施するものです。

対象となる企業:原則として、①〜③から5年以内の事業場

①会社設立または分社化した。
②異業種へ進出した。
③初めて労働者を雇い入れた。

詳細は→厚生労働省HPスタートアップ労働条件

助成金・補助金と合わせて考えたい福利厚生

生産性の向上に

 社内チャットツール:slack/chatworkなど

社内・部署内の報告や連携を簡単にするのがこうしたチャットツール!報告書や指示書を作成して印刷というプロセスを、重要度に応じてこれで代替していくことで、大幅に効率が上がるでしょう。

さらに、Bot機能を利用すると、さまざまな告知を自動化できたり、福利厚生の運営の手間を省けたりします。

仕事における生産性を高める7つの改善ポイント

働くママのサポートに

 家事代行サービス:「ベアーズ」など

家事代行サービスに法人として契約することで、法人に帰属する従業員まで全員がサービスを受けられるという福利厚生のパターンも増えています。

例えばベアーズの法人会員になると、社員ならびにその家族(2親等以内)が、『家事代行サービス』等を優待価格で利用できるそう。そのほか、社内向けセミナー開催(保育・清掃など)、ファミリーイベントにおけるイベント保育、オフィス清掃、社内イベントの景品としてのギフトチケット販売なども、優待価格で利用できるようです。

働き方改革で更なる女性活躍時代に!考えたい福利厚生・制度

社内の連携強化に

 企業で一家団欒、プチ社食サービス:「オフィスおかん」

 食事補助や宴会、シャッフルランチといった、食を通じて連携を促す福利厚生の人気は健在。オフィスおかんは、社内で栄養バランスの良いお惣菜をいつでも新鮮に食べられる、プチ社食サービスです。毎日の食をサポートするので、社員のQOLの恒常的な維持に繋がりますし、特別な場所に移動したり手間を取らない分、生産性を損ねない分、コスパもいいのです。

1記事でわかる食事の福利厚生|メリット・お手軽サービスを紹介
福利厚生全16種とその事例!従業員満足度をあげる福利厚生を大解剖

まとめ

すでに指摘されつつあるように、働き方改革というのはただ労働時間の数字を下げれば達成できるものでもありません。補助金や専門家の支援、福利厚生を組み合わせれば、本当に労働者の過ごしやすさに寄り添い、かつ企業の生産性向上にも資する労働環境を構築できるのではないでしょうか?

社員の健康を想う"食"の福利厚生

健康的で安心・安全な美味しいお惣菜をオフィスに常備できる 社食宅配型のサービスオフィスおかんを導入してみませんか?

全国対応
初期費用0円
自動販売機プランがスタート

資料ダウンロードはこちら