オフィスおかん導入企業1200社突破!自動販売機プランもスタート

総務の業務効率化!福利厚生のアウトソーシングの2大メリットとは?

充実した福利厚生を提供する企業は従業員の支持率も高く、やる気や意欲を持って業務に取り組むことができます。しかし近年は不景気の影響もあり福利厚生の縮小を余儀なくされる企業も少なくありません。また現在豊富な福利厚生を提供する企業も莫大な経費により経営を圧迫しているという問題があります。このような福利厚生の悩みを抱えた企業に注目されているのが福利厚生のアウトソーシングです。今回は福利厚生のアウトソーシングに関する基本情報やメリットなどを解説します。

福利厚生をアウトソーシングするメリット

社宅、寮、財形貯蓄などの手厚い福利厚生は社員やその家族の福祉向上を目的とした制度です。この福利厚生を自社ではなく外部の企業に任せるメリットは複数あります。

業務効率化

まず1点目は福利厚生の煩わしい作業がなくなることで人事、総務の負担が軽減されることです。 従来型の福利厚生だとサービスや施設を利用する際は社内で申請書を書き、それを担当部署が承認する、という流れが基本でした。しかし福利厚生をアウトソーシングすることでこれらの煩わしい作業がなくなるため、人事・総務部門の作業効率化を図ることができます。ちなみに現在はインターネット(Web)などを使うシステムとなっており、利用状況はアウトソーシング会社からデータにまとめられてフィードバックされる仕組み担っています。

経費削減

次に挙げられるメリットとして経費削減に大きく役に立つというメリットです。自社で保有するサービスや福利厚生施設には莫大なコストがかかっています。また福利厚生施設を保有していなくても企画費用、運用費用なども必要です。 しかしこれらをすべて外注することで福利厚生にかかっていたコストをカットすることができます。その結果として自社の資金資源をメインの企業活動に集中できるメリットも生まれるでしょう。また福利厚生のメニュー数も非常に豊富であり、利用する従業員側の立場から見ても福利厚生の外注化は大きなメリットとなります。

福利厚生のアウトソーシングサービスの種類

福利厚生のアウトソーシングサービスには大きく分けて2種類あります。一つはパッケージサービス、もう一つはカフェテリアプランです。

パッケージサービス

パッケージサービスの大きな特徴は定額制という点です。 従業員一人当たりの費用を支払うことで、パッケージで提供されているすべての福利厚生サービスを利用することができます。従業員一人当たりの月額費用は数百円とローコストです。 したがってコストをかけずに充実した福利厚生メニューを導入したい企業や採用を強化したい企業には、パッケージサービスが適しています。

カフェテリアプラン

もう一つのサービスとなるカフェテリアプランは別名「選択型福利厚生制度」とも呼ばれています。 「選択型」という名が付けられているように、カフェテリアプランの大きな特徴は個人のニーズによって福利厚生メニューを自由に選べる点です。一般的なカフェテリアプランだと企業が従業員に一定のポイントを付与し、企業ごとにカスタマイズされたメニューの中から選択することになります。 メニューも企業によって異なりますが住宅、保険、医療、育児、宿泊、レジャーなど多彩です。

カフェテリアプランは既存の福利厚生制度では従業員に支持されなくなってきた、利用率が低くなってきた企業などが導入するには適しています。ただし注意点としては自社のニーズや課題をくみ取った上で適切なメニューを設計することです。 この点がしっかり行われていないと利用率や支持率に変化なしということもありますので、注意しておきましょう。自社でメニュープランを設計するのが不安な場合は、カフェテリアプランのコンサルティング実績があるアウトソーシング会社に依頼するのもオススメです。

福利厚生のアウトソーシング導入にあたってのポイント

福利厚生を外注化する上で事前に意識しておきたいポイントは以下のとおりです。

・導入目的
・料金

前述のように福利厚生の外注化によるメリットは多くあります。しかしアウトソーシングサービスを導入する前の事前検討は慎重に行うことが大切です。福利厚生をアウトソーシングすることで社内業務の簡略化、経費削減は可能となります。

しかしこの2点ばかりを意識して導入すると、当初の予想と異なる結果になることもあります(例:サービス内容の質が低く利用率が伸びないなど)。したがって単純に経費削減などが目的の導入は避けることがポイントです。

費用対効果を十分に検討した上でアウトソーシング会社を有効活用していきましょう。また一人当たりの額はそれほど大きくなくても従業員全員をまとめると非常に大きな金額が発生します。したがって福利厚生を外注化する際は、事前に複数の業者から見積りを取るなどの工夫を施す必要があるでしょう。

まとめ

今回は福利厚生のアウトソーシング化について解説しましたがいかがでしたでしょうか?働き方や職場環境の改善が注目される昨今において福利厚生の充実は一つの手段です。しかし自社でこの課題に取り組むと予算や内容で問題が出てくる可能性もあります。 このような時に豊富な福利厚生メニューを提供するアウトソーシング会社は有効活用できます。ただし導入にあたっては現状の分析だけではなく、導入後の分析も実施し、その都度適切な見直しを図っていく必要もあるでしょう。現在、福利厚生の利用率が低い企業や莫大なコストがかかっている企業はぜひ参考にしてください。

初期費用0円
全国対応
自動販売機プランスタート!

健康経営の施策にも効果的!

サービス詳細はこちら 資料ダウンロード