オフィスおかん導入企業1200社突破!自動販売機プランもスタート

ディズニー好きはたまらない!オリエンタルランドは夢の国だからこそできる福利厚生が自慢!

「日本で一番有名なテーマパークと言えば?」この質問をされたら、ほとんどの人が「ディズニーランド」と答えるのではないでしょうか。ディズニーランドを運営するオリエンタルランドでは、ディズニーランドに関する業務に携わる人のことを「キャスト」と呼んでいます。これは、ウォルト・ディズニーはディズニーランドとはテーマパークではなく巨大な舞台であるという考え方のもと、ディズニーで働くすべての人は、ゲスト(観客)を楽しませるためのキャスト(演者)であるという思想からこのように呼ばれるようになったと言われています。

このように徹底したエンターテインメントの場として、ゲスト全員を楽しませてくれるディズニーランドを運営するオリエンタルランドでは、キャストになるためには厳しい試験をパスしなければなりません。しかし普段頑張ってゲストを楽しませてくれるキャストを労うための福利厚生もとても充実しています。今回は、日本トップのテーマパークを運営する、オリエンタルランドの福利厚生をご紹介します。

オリエンタルランドのユニークな福利厚生をご紹介!

オリエンタルランドでは、ディズニーランドを運営しているからこそのユニークな福利厚生が多々あります。これは、「キャスト特典」と呼ばれ、キャスト全員にさまざまな特典が付与されるイベントなどがあります。この中には、ディズニーランド、ディズニーシーを解放したイベントもあり、ディズニーを心から愛している人にとっては「働いていてよかった!」と思える福利厚生だと言えるでしょう。ユニークな福利厚生の一部をご紹介します。

キャストからゲストに!閉園後に行われる「サンクスデー」

閉園後のパークで行われる、ディズニー好きにはたまらない福利厚生がサンクスデーです。普段はキャストとして、来園されたゲストをおもてなししていますが、サンクスデーは上司であるキャストが、普段のキャストをゲストとしておもてなしするイベントです。セレモニーやスペシャルメニューなど、この日のために設定されたプログラムが用意されており、通常のパークでは味わえない、キャストだけが受けられる特典となっています。

新アトラクションをいち早く体験「キャストプレビュー」

数年に1度、ディズニーでは新アトラクションがリリースされます。その新アトラクションを、一般に開放される前にいち早く体験できる福利厚生が、キャストプレビューと呼ばれるものです。先行体験することによって、ゲストに対してスムーズに魅力を案内できることが目的ですが、長時間並ばずに新アトラクションを楽しめるのは、キャストならではの特典でしょう。

キャスト目線でサービス向上を図る「キャスト専用パスポート」

一定期間勤務したキャストに対して、年に数回発行される「キャスト専用パスポート」が支給されます。このパスポートは、年間で8枚もらうことができ、無料で支給される上にランドでもシーでもどちらでも利用することが可能です。すべて自分で使って、パフォーマンスの改善に生かすもよし、友達や家族を誘ってみんなで楽しむのもよしです。ディズニーチケットは年々値上がりしているので、プレゼントすると喜ばれること間違いありません。

自分にあった福利厚生を選べる「カフェテリアプラン」

ディズニーの福利厚生で一番有名なのが、カフェテリアプランでしょう。日本ではまだまだカフェテリアプランを導入している企業は少なく、その中の1社としてオリエンタルランドが採用しています。一定のポイント内で、あらかじめ会社が用意した福利厚生の中から自由に選択できる制度となっており、たとえば介護休暇など利用シーンが限られているものに関しては、一律に介護休暇取得の権利を与えるのではなく必要な人が選択できるような仕組みとなっています。必要ない人は、同じポイントで別の福利厚生を受けられた方が不公平感がなくなるので、平等な福利厚生の体制ととることが可能です。

まとめ

オリエンタルランドの福利厚生をご紹介しました。カフェテリアプランのように、先進的かつ充実した福利厚生制度はもちろん、キャストとして働くからこそ受けることのできる福利厚生も多々存在しており、ディズニー好きにとって1度は体験してみたい福利厚生が揃っていると言ってもよいでしょう。オリエンタルランドだからこそできる、ユニークで従業員満足度の高い福利厚生であると言えるでしょう。