オフィスおかん導入企業1200社突破!自動販売機プランもスタート

企業成長と存続は戦略人事ありき!これからの人事に必要なこと

近年は、日本でも戦略人事の必要性が高まっています。欧米には少々遅れをとっているようですが、企業の人事業務は、人事というひとつの部署業務に留まるべきではない時代になってきました。戦略人事とは何か、経営と人事がタッグを組む必要性についてお伝えします。

戦略人事とは?

戦略人事とは、人事が経営戦略に主体的に関わって施策を打っていく人事のことをいいます。オペレーションを中心とした従来の人事のあり方に対し、変化の早いこれからの時代に必要な人事の新しい役割として1990年代からデイブ・ウルリッチ氏などによって提唱されてきた考え方です。

戦略人事における人事は、経営戦略を深く理解し、経営者のパートナーとして人と組織の面から、事業計画を達成するために必要な打ち手を立案し、その実行に責任を持つ存在とされています。現代では、あらためてそのための専門部署や役職を置いている企業も少なくありません。

従来のように経営戦略からの要請や必要性に従うという「受け身」な施策では企業を存続させることが難しい時代になってきました。組織全体を見ている人事だからこそ打ち出せる未来を見据えた組織開発、社員育成を考えなければなりません。短期目線ではなく、長期的に考えることができる思考が必須です。

これからの人事に求められているもの

日本における人事部の役割として、オペレーション的な業務を中心とした労務部門・法務部門ではとても有能です。こうした強みは評価されるべきですし、今後も引き続き必要なファンクションだと言えます。しかし、戦略人事では経営者のビジョンを理解し、経営目標の達成のために必要な人材を外部から招き入れ、組織を作り上げることが求められます。

単に「オペレーションがしやすいかどうか」「ルールに沿っているかどうか?」という観点だけではなく、外部のビジネス環境に即した柔軟な対応が求められるのです。オペレーション中心の人事におけるこれまでの強みを土台としつつ、経営戦略の理解に基づいた臨機応変な対応ができる戦略人事ファンクションを積み重ねていくことが必要でしょう。

戦略人事の必要性とは?

単純に人材を雇い育成するという視点だけでは不十分です。戦略人事の必要性について説明します。

長期的な経営戦略の存在

企業が事業展開、拡大、イノベーションを起こそうとするとき、組織の人的リソースが企業の業績を左右する重要な要素というのは明らかです。人材が必要な段階になってから採用活動を始めていたのでは、時すでに遅し。経営戦略と合わせた戦略的な人材採用が必要です。

時代や事業の特質で異なる人物像

企業の業績は、ほかでもなく社員の働きによって生み出されているものです。人材の高度化(成長)は、事業拡大や競合他社との差別化を可能にします。その優秀な人材をできるだけ長く確保していくことも組織強化につながる企業の大きな課題でしょう。

また事業の種類やそれぞれの施行段階ごとに理想とされる人物像も異なります。社会やビジネス環境の変化も急ピッチで進むため、計画段階と完了時のニーズが同じではない可能性もあります。

これらを加味しながら人的リソースの採用、投資、そのタイミングなどを考えなければなりません。緻密で複雑な人的データの分析や事業についての俯瞰視も欠かせないでしょう。

戦略人事で考えたい重要視点

すでに経営の主軸だという認識も広がっている戦略人事で、企業、人事、社員として意識しておいたほうがよいポイントをご紹介します。

人事という括りを外す組織全体戦略

戦略人事は、人事の枠にとらわれない意識改革が必要です。日常的に社員の成長に直結している上司など管理職の協力も必要ですし、業務フローの見直しにはすべての部署が関わってくるでしょう。

経営、人事、各部署、各社員が人事戦略に対して当事者意識を持てるような発信や情報共有も必要です。人事からは見えにくい現場の声も重要な策定材料になるでしょう。また人事担当者の戦略に関わる能力を上げることもポイントです。

他社事例が最適解となる確率は低い

これまで組織内に戦略人事という概念がなかった場合、どのように行うものか、その手法を知りたいと思いますよね。戦略人事で成功している企業はたくさんありますが、企業が異なる以上、その最適な戦略も違ってきます。もっとも大切なことは、自社に合わせた自社の戦略を打ち立てていくことといえるでしょう。

まずは戦略人事セミナーに参加してみよう!

でも、いざ戦略人事を進めようとしてもなにからどう手をつけるのか・・・と頭を抱えてしまう方も多いでしょう。そこで、手始めにセミナーに参加してみるのはどうでしょうか?

以下のサイトより、戦略人事に関するセミナーを紹介しています。

セミナー情報(peatixサイト)はこちら

セミナー情報(日本の人事部サイト)はこちら

まとめ

戦略人事は簡単なものでありません。しかし採用、定着、育成、成長など戦略人事によって解決できることは多いものです。目の前の急務への対処も必要ですが、手探りでも将来を見る戦略人事、ぜひご検討をオススメします。

社員の健康を想う"食"の福利厚生

健康的で安心・安全な美味しいお惣菜をオフィスに常備できる 社食宅配型のサービスオフィスおかんを導入してみませんか?

全国対応
初期費用0円
自動販売機プランがスタート

資料ダウンロードはこちら