オフィスおかん導入企業1200社突破!自動販売機プランもスタート

職場のオフィスデスクを選ぶとき「ここだけは押さえたい」ポイント!

オフィスの模様替えや、新店舗の開設にあたりデスクを新調しなければいけない時もあると思います。またオフィス用のデスクは小さい物から幅広く使えるものまである為、どのようなデスクを選んだ方が良いのか悩んでしまうことでしょう。間違ったデスクを選んでしまうとオフィス内に上手く設置出来ないこともありますし、作業内容に見合っていないものだと使い勝手が悪くなります。無駄に経費を使わない為にも、社員が使用するデスクを選ぶ時のポイントについて紹介していきます。

デスクの種類

平机

シンプルなデスク。サイドキャビネットが後付けできるので席の移動に便利。何も収納がないので付属備品の購入が必要かもしれません。<出典>ASUKL

片袖机

片側に引き出し収納がついたデスク。一般的な事務作業にぴったり。もっとも一般的なデスクと言える形です。<出典>ASUKL

両袖机

左右両側に引き出しが付いた大容量収納デスク。広い机上スペースも魅力です。狭いオフィスでは邪魔になってしまうこともあるでしょう。<出典>ASUKL

フリーアドレスデスク

スペース効率アップ。フレキシブルな働き方に対応できる多目的デスク。フリーアドレス導入を検討している方はことらが便利です。<出典>ASUKL

デスク選びのポイント

ここだけは押さえておきたいオフィスデスクの選び方についてご紹介します。

オフィスの広さを事前に把握

それぞれの会社によってオフィスの広さに違いはあると思いますが、オフィスの寸法を測ってからデスクを購入することが大切です。オフィスの広さを理解していない状態でデスクを購入したとしても、上手く設置することが出来ないだけでなく、場合によっては使い道が無く処分をしなければいけない可能性も出てきます。

また、何とか設置することが出来たとしても、通路が狭くなってしまったり来客用のスペースが小さくなるようなことがあれば、従業員やお客様が窮屈に感じてしまいます。このような事態にならない為にもオフィスの広さを確認し、デスクを置く為のスペースを先に決めておくことが重要です。

業務内容に適したデスクを選ぶ

デスクを使って軽作業程度の仕事しか行わないのであれば、引き出しが備わっていないものや狭いデスクでも問題は無いでしょうが、デスクの上で資料を広げながらパソコンで仕事をしなければいけない人には広めのデスクを選んであげるべきです。

また、立って仕事ができるスタンディングデスクなどもあり、社内のニーズによってデスクの種類は変わりそうです。

おすすめのオフィスデスク

okamura Swift

Swiftは状況に応じて机の高さを昇降させることができるデスクです。65cm〜125cmまで可動でき、椅子に座ることに疲れた場合などは、スタンディングデスクに変更することができます。

KOKUYO is

isはさまざまな機能を搭載した高機能デスクです。PCのサイズや使用用途に応じて奥行きを4パターン用意している。さらには地震対策が万全で、引き出しの開閉防止、デスクの横ズレ防止、災害時の備蓄用収納といった機能が満載である。

まとめ

オフィスで従業員が使用するデスクを選ぶ時のポイントについて紹介してきましたが、従業員の使い勝手を重視してから購入すると、オフィスに上手く設置することが出来ないこともありますので、まずはオフィスの寸法を測りデスクスペースを決めることが重要です。デスクスペースが決まったのなら従業員それぞれの業務内容に適したデスクを選定していきましょう。

初期費用0円
全国対応
自動販売機プランスタート!

健康経営の施策にも効果的!

サービス詳細はこちら 資料ダウンロード