オフィスおかん導入企業1200社突破!自動販売機プランもスタート

学生生活最終日。「食を通じて多くの人を笑顔にしたい」という想いが、ずっとずっと続きますように。

おかんで人事のインターンをしている大森です。おかんでは現在6名のインターン生が働いています。その中でも今回は、Webデザイナーとして活躍している川村くんにインタビューをしました。

なんと川村くん、今日卒業式だそうで。

学生生活最終日を迎える川村くんに直撃しました。学生の皆さんはきっとどこかロールモデルになるような、社会人の皆さんは「あー、若いな。こんな時代もあったな。」と思えるような内容になっているので、サクッとお読みいただけると嬉しいです。

簡単な自己紹介をお願いします。

川村幸弘(かわむらよしひろ)です。

千葉県松戸市生まれ。小さい時から体を動かすことが好きで、陸上、サッカー、自転車部に没頭してきました。足と自転車で走った距離は約日本2周分。獨協大学法律学部に入学後、ITに興味を持ちました。

クラウドファウンディング事業を通じて多くの人に影響を与えている、とあるベンチャー企業に魅了され、1年半インターンとして働かせていただきました。1年間は50件以上のプロジェクトを担当し、約2,000万円の資金調達をサポート、残りの半年は、エンジニアとして、Rails中心の開発に携わり、知識ゼロの状態から資料請求機能を作成するまで成長をさせていただきました。

その後、もっと現場に近いサービスに携わりたいと考え、北海道帯広に本社がある畜産×ITの会社でインターンを半年間経験しました。人生初めてのインタビューで緊張していますが、よろしくお願いいたします。

好きなお惣菜を教えてください。

豚の角煮です。

おかんのお惣菜を毎日食べていますが、自分の中ではダントツナンバーワンですね。ご飯のお供に最適なのでオススメです!

インターンをしようと思ったきっかけは何ですか?

就職活動がちょうど終わったので、就職前にプロダクトを成長させる経験を積みたいと思いました。秋卒業だったので、卒業してから就職するまでの間はインターンをしようと思っていました。

なぜ、おかんを選びましたか?

会社のビジョンである「働くヒトのライフスタイルを豊かにする」に共感したからです。以前のインターン先では、みんなビジョンを達成するために、毎日ワクワクしながら仕事をしていました。ただ、仕事が忙しい分、食事に気をつかわなくなってしまって、コンビニ弁当や外食の生活が続いているという人がたくさんいました。せっかく頑張って仕事をしているのに体調を崩してしまうのはもったいないなと思っていて。

そこで、社内で食生活改善に取り組めないかと思っていた矢先に、おかんを知ったのです。素晴らしいサービスだと思いました。そこから紆余曲折あったのですが、実際に僕も、働くヒトのライフスタイルを食を通じて豊かにしたいなと思い、おかんでインターンすることになりました。

将来の夢は何ですか?

将来は、食を通じて多くの人を笑顔にしたいです。食というとすごく広いのですが、現段階では特に、「農業×IT」の分野で人の役に立ちたいと考えています。僕がそんな夢を持ったのにはいくつかの原体験がありました。

身近な人の死。

高校3年生の時に、身近な人を亡くしました。身近な存在だった人がいなくなってしまって、今まで「当たり前」だと思っていたことが、当たり前じゃなかったんだなって、気が付きました。そこから今まで当たり前に思っていたことについて考え直し始めて、そこで一番に頭に浮かんだことが「食」でした。

農業×ITを通じて安全で美味しいご飯が多くの人の元に届くシステムを。

実家が農家だったので、毎日のように、美味しくて安全なご飯を食べていました。それが当たり前だと思っていたのですが、様々な活動をする中で、飢餓や孤食で苦しむ人たちの存在を知りました。

他にも、ファストフードや添加物、農薬の多い食事が原因で体調を崩してしまう人の存在を知って、「食」の問題について初めて考えさせられました。

正直、「これはまずいな。」と。

語彙力が無くて申し訳ないのですが、本当にこの現状は「やばい」と思ったんです。これ以上、悲しむ人を増やしたくない。僕の人生と密接に関わってきた「食」を通じて、悲しんでいる人を笑顔にしたいし、生涯かけてそれができたら幸せだと思いました。

具体的には、農業がもっと魅力的な産業になるように貢献したいと考えています。農業=大変という認識があると思うのですが、ITの力を使って、その認識を覆して行きたいです。農業は、経験と勘に頼っている部分があると祖父母を見ていて感じたので、それを見える化して、誰でも農業が簡単にできるようなシステムを作りたいと思っています。そうすることで、より多くの人に、安全で美味しいご飯が届くと考えています。

 

悲しんでいてはダメで、立ち止まっていては前に進めなくて、持ち前のポジティブ思考で、頑張っていこうと決めました。

おかんでは、どんな仕事をしていますか?

お惣菜の定期仕送りサービスおかんを多くの人にご利用いただくために、ランディングページの作成を担当しています。その他にも、マーケティング戦略を考えたり、ミッション実現に向けた幅広い業務に携わらせていただいています。

おかんはBtoBの事業(オフィスおかん)とBtoCの事業を運営しているのですが、BtoCの事業部は現在、社員1名、インターン生2名の計3名で運営しているので、Webデザイナーと言えども戦略会議にも参加し、ディスカッションを通じて全体設計を行なっていきます。

断片的なことだけでなく、全体を把握しミッションを強く意識した上で仕事ができるので、やりがいがあって楽しいです。
※川村くんが作っているランディングページ:https://my.okan.jp/lp/

おかんのインターンの特徴を教えてください。

今まで複数の企業でインターンをしてきました。どの会社も魅力的でしたが、おかんは特に裁量があるなと感じました。与えられたタスクを指示通りに行ったり、そこにアレンジを加えていくのではなく、0から自分で考えて自分でやってみる。そこに対して責任を持つ。

もはやインターンと社員の境界線は存在しません。主体的になればなるほど、得られるものが多い。そんなインターンだと思います。また、志が高く、ミッションに向けて一生懸命仕事をしている人が集まっているので、刺激的な環境だと思います。

今後の意気込みをどうぞ!

ユーザー思いのサービス作りがしたいです。ただ、現状、Webデザイナーとしては知識や経験、能力が足りていません。なので引き続き、週4-5日出勤し、インプットとアウトプットを重ねていきたいと思います。

今は社員さんが作ったサイトをひたすら真似ていこうと思います。そこから、オリジナルを加えて良いサイトを作っていきます。また、チームとして、月120%成長を目標に掲げているので、目標達成のために、チームの一員として全力を尽くしたいです。

おかんに興味をもってくださっている人に向けて一言お願いします!

「働くヒトのライフスタイルを豊かにする」というミッション実現に向けて、圧倒的な裁量とスピード感をもって仕事に取り組める環境です。何より日々、わくわくしながら仕事ができる環境なので、少しでも興味がある方はぜひ飛び込んでみてください!一緒に仕事ができることを楽しみにしています!

インタビューを終えて

川村くん、ありがとうございました!!そして、ご卒業おめでとうございます!卒業祝いに角煮をプレゼントします!

ここまで、お読みいただき、ありがとうございました!