オフィスおかん導入企業1200社突破!自動販売機プランもスタート

おせっかいなイベントを開催!その名も”おかんの井戸端会議”

今日は先日開催した”おかんの井戸端会議”についてご紹介いたします。

総務・人事部は、会社の縁の下の力持ち。特にスタートアップ・中小企業であれば、少人数で何でもこなさなければいけない。だけど、「仕事の”悩み”や”あるある話”を共有する横のつながりがあんまりないんです」という声をよく耳にします。おかんでは、企業の総務・人事の方々が、「現状、どのようなお悩みを持っているのか?」「その解決に向け、どのような取り組みをされているのか?」を共有する情報交換の場を”おせっかい”にも、ご提供させていただくことにしました。

今回は第1回。下記のテーマについて情報交換をしました。

生産性改善・時短テク

福利厚生業務・オフィスレイアウト管理・勤怠管理・採用業務・健康管理・社員教育など、多くの業務を担当される方がいらっしゃる中、「何に時間がとられていて、どうしたら効率よく業務を進められるか」他の会社の総務・人事の方と共有いただきました。

参加者からは「職務階層を超えた情報共有がされにくい」「情報共有が積極的にされる社風だが、それゆえ見るべき情報が多い」「守備範囲が広く突発的に依頼がくるバックオフィス業務のため、残業が発生しやすい」など、日々の悩みについての相談の声が多数上がってきていました。

働き方改革

新聞・テレビ・ネットなど「働き方改革」という言葉を目にしない日はありません。総務・人事といえば「働き方改革」の旗振り役!どのような制度や福利厚生を各社がおこなっているのか共有いただきました。

中には、「プレミアムフライデーなど世間の潮流に積極的にのる」といった声や、「フレックス制度を導入している」「パート含め女性が多い会社のため、学校行事休暇・時間の振り替え(2時間残業する代わりに2時間早く帰ってよい)といった制度を導入している」など、多様な働き方を推奨している声がありました。

ディスカッション終了後の懇親会では、「オフィスおかん」のお惣菜を肴に、総務・人事部の方どうしの「あるある話」などで、親睦を深めていただきました。